宮前区版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

白井泰昭さん(野川本町) 社交ダンス、3大会で優勝 世界への挑戦権を手に 

スポーツ

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena
シニアIII優勝時の表彰式
シニアIII優勝時の表彰式

 野川本町在住の白井泰昭さん(50)=(株)総商(高津区)勤務=が11月17日に開催された社交ダンス全日本選手権シニアIIIクラスで優勝。世界選手権への切符を手にした。白井さんは今年開催された三大会でいずれも優勝し、3冠を果たした。

 茨城県で開催された社交ダンス「全日本選手権」。白井さんは飯村美哉子さん(55)=世田谷在住=とペアを組み、50歳・55歳以上のペアで出場するシニアIIIで優勝した。同クラスは22組の出場ペア中、上位6組に来年6月にスペインで開催される世界選手権の出場権が認められる。

 白井さんは2015年に同選手権のシニアI(30歳・35歳以上)で世界選手権の出場権を一度手にしているが、直後のペア解消で挑戦を断念。白井さんは「出られるものなら世界に挑んでみたい」と話すが、渡航費などは全て自費。出場は現状、不透明という。

 白井さんは3月に開催された全日本選手権シニアII(40歳・45歳以上ペア)でも優勝し、同じく世界選手権への出場権を得ている。6月には全日本シニアダンス選手権で優勝し、3大会3冠の快挙を成し遂げた。

 飯村さんとペアを組んだのは今年1月。デビュー戦が3月の全日本選手権だった。白井さんの身長は180cm程。ペアとの30cm近くある身長差を埋め、息の合った演技を披露。白井さんは「プレッシャーがかかる大会で優勝できたのは自信に繋がった」と話す。

週6で練習

 白井さんが社交ダンスを始めたのは20代後半の頃。実家が営んでいた飲食店の常連客から「踊れないの?」と言われたのをきっかけにサークルに入ったのが始まりだという。「知人の紹介でプロの演技を見て衝撃を受けた」と本格的に競技に打ち込むことを決めた。

 練習は週6日。仕事終わりに区内有馬にあるホールに通い、3時間ひたすら躍り込む。練習後にジムでトレーニングすることも多いという。「若い人にも負けたくない。本番が一番ワクワクして楽しい」と熱心に競技に打ち込む。

宮前区版のトップニュース最新6

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

中高生防災チーム発足

菅生台自治会

中高生防災チーム発足 社会

若い力で高齢化に一手

1月24日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

響け 幼なじみの八重奏

野川中吹奏楽部

響け 幼なじみの八重奏 文化

県金賞、東関東大会に出場

1月17日号

「『ご近助』の取組を大切に」

「『ご近助』の取組を大切に」 社会

高橋区長にインタビュー

1月10日号

宮前区から聖火ランナー

2020東京五輪

宮前区から聖火ランナー スポーツ

県内最高齢の五島さん

1月10日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 政治

福田市長、2020年を語る

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

車いすフェンシング体験

パラリンピック正式種目 湯けむりの庄

車いすフェンシング体験

日本代表選手が登場

1月26日~1月26日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク