宮前区版 掲載号:2022年7月29日号 エリアトップへ

一人によりそう。明日へつなぐ 議会報告 PPAモデル活用で太陽光発電設備導入 公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

掲載号:2022年7月29日号

  • LINE
  • hatena

 PPA(Power Purchase Agreement:電力販売契約)モデルとは、PPA事業者の費用負担により、施設に太陽光発電設備を導入し、所有・維持管理をした上で、発電された電気を施設所有者に有償で供給する仕組みです。

 本市は、2050年脱炭素社会の実現に向けて公共施設への太陽光発電設備の導入を図り、30年には設置可能な公共施設の約50%に太陽光発電設備を導入することを位置づけて取組を進めています。

 私は、PPA手法により、全市立学校の屋根等に太陽光発電設備を設置し、発電電力を自家消費することでCO2の削減と電気料の縮減を図り、また蓄電池の設置により、災害時のBCP対策としても稼働させることが可能となることから更なる推進を求めました。

 令和3年度の全市立学校の年間電気料は約10億円で、全学校の半分に太陽光発電設備を導入した場合、年間約1億から1億5千万円の削減効果と屋根貸し賃料の収益が想定されます。また、現在の一般電力料金高騰の状況では、太陽光発電設備による自家消費のコストメリットが高くなり、設備導入による効果はより大きなものになると考えます。

 二酸化炭素排出量の削減効果についても、電気使用料が20%削減したという前提で試算をすると年間の太陽光発電設備による、発電量は約520万kWhで二酸化炭素排出量については約2300トンの削減効果が見込まれます。

 また、市は、市内の中古分譲マンションの管理組合等に、初期費用や維持管理費の負担が生じない「PPAモデルによる太陽光発電設備の導入」といった新たな手法の活用について周知を行い、市域の再エネ導入の一層拡大を図るため普及促進に努めていくと前向きな見解を示しました。

命を守る特別支援学校給食「とろみ剤」公費負担検討へ

 私は、特別支援学校の給食は、望ましい食習慣を身に付け、健康状態の維持・改善に必要な生活リズムを形成すると共に、児童生徒の状況に応じて咀嚼や嚥下等の食べる機能の発達を促す意義があると主張。とろみ剤を使用した給食の正式導入を図ることにより、とろみ剤の公費負担と命を守る給食の提供を求め、現場の切実な声を届けました。

 教育長は、「全ての特別支援学校において、とろみ剤の使用にあたって統一的な対応となるよう来年度からの実施に向けて、マニュアルの作成と経費負担の在り方について検討を進めていく」と約束をしました。

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

川崎市川崎区宮本町1 市議会控え室

http://www.tamura-shin.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市道菅生433号線」の改良工事が完了

市政報告Vol.41

「市道菅生433号線」の改良工事が完了

川崎市議会議員 矢沢たかお

8月12日号

補正予算案、コロナ禍に対応

県政報告

補正予算案、コロナ禍に対応

県議会議員(自民党)持田文男

7月29日号

「戦争を繰り返さないで」

市政報告

「戦争を繰り返さないで」

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

7月29日号

PPAモデル活用で太陽光発電設備導入

一人によりそう。明日へつなぐ 議会報告

PPAモデル活用で太陽光発電設備導入

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

7月29日号

安心して子育て出来る、街づくりを!

宮前ガバナンス7月号  連載寄稿

安心して子育て出来る、街づくりを!

〜(仮称)宮前区保育・子育て総合支援センターを整備へ〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

7月15日号

物価高騰対策として国の交付金活用を提案

市政報告Vol.40

物価高騰対策として国の交付金活用を提案

川崎市議会議員 矢沢たかお

7月8日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook