高津区版 掲載号:2011年6月10日号
  • googleplus
  • LINE

JAPAN OPEN 将来有望選手が大活躍 単体クラブで10人出場 層の厚さを証明

頼もしい選手たち(下写真は瀧口選手)
頼もしい選手たち(下写真は瀧口選手)

 先月20日から22日にかけて行われた「ジャパンオープン2011」(大阪府立門真スポーツセンター)に、NECGSC溝の口は所属選手10人を送り出した。単体クラブの出場人数としては多く、若手の層の厚さを証明している。

 男子1500m自由形決勝で、瀧口陽平選手(NECGSC溝の口/中央大学)が1位と100分の6秒差の15分07秒04(自己ベスト)で2位に。400mでも6位入賞し、ユニバーシアード競技大会の代表に見事選出された。男子50m背泳ぎでは同クラブの岩田哲也選手(高2)が決勝に準ずるB決勝で3位、100mでも3位と活躍した。女子50m平泳ぎで笹木愛恵選手(大1)がB決勝5位、女子100m自由形で瀧口真帆選手(高2)がB決勝5位と健闘した。男子50mバタフライでは、加藤寛樹選手(一般)がB決勝8位に入り意地を見せた。同大会で4人が自己ベストを更新し、成長をアピールした。

 「大学生レベル以上が求められるB決勝で、高校生も含めて好成績を残すことができたのは努力があってのこと。今後の成長が楽しみ」と担当コーチ。

 今回躍進した5選手以外にも、技術と精神力を兼ね備えた若手選手が数多く在籍している。今夏行われる神奈川県ジュニア選手権水泳競技大会では、一昨年、昨年に続き総合優勝3連覇を目指して若手スイマーたちが腕を磨いている。同時期の全国ジュニアオリンピックカップでも総合優勝に大きな期待がかかっており、同クラブの勢いは増すばかりだ。

高津区版のローカルニュース最新6件

再建に掛けた地元の想い

久末天照大神で竣功奉祝祭

梶ヶ谷Bが女子の部V

ミニバス男女サンダース杯

梶ヶ谷Bが女子の部V

4月13日号

久地FCが10周年

防犯アプリの配信開始

川崎市

防犯アプリの配信開始

4月13日号

稚児行列が祭に華添え

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク