高津区版 掲載号:2015年5月22日号 エリアトップへ

法政二高硬式野球部 OBと共に古豪復活へ 31日には法大高とOP(オープン)戦

掲載号:2015年5月22日号

  • LINE
  • hatena
練習に励む二高野球部
練習に励む二高野球部

 1988年の全国大会出場以来、甲子園の舞台から遠ざかる法政二高(中原区)が、5月31日に木月大町のグラウンドで法大高(東京都三鷹市/旧法政一高)を迎え撃つ。これは、母校の復権をめざし柴田勲氏、田淵幸一氏ら法大OB会などが企画したオープン戦。付属校同士が切磋琢磨することで、しばらく遠ざかっている甲子園出場をめざす。

 法政二高野球部は1939年に創部。これまで甲子園に春夏合わせて11回出場、全国制覇も2回果たしている。巨人で活躍した柴田勲氏など、名選手も多数輩出してきた。しかし、25年以上甲子園の舞台に立てていない。

 そこで、母校を再び甲子園の舞台に導くべく、法大OB会などが中心となり、同じく甲子園出場から遠ざかっている法大高とのオープン戦を企画した。これまでに両高が対戦したことはほとんどなく、ここ数年では1度もないという。両校を競わせ、より切磋琢磨させることでチーム強化することがねらい。OB会の関係者は「高校で育った選手が法大野球部に入部すれば、大学野球部の強化にもなる。高校、大学、OB会の”オール法政”で強い法政を取り戻したい」と意気込む。

柴田氏、田淵氏らも観戦へ

 チームを指揮する絹田史郎監督は「法大高とは他県で代表を直接争う事のない立場だが、お互いの活躍を意識する関係。今年の夏は両校が揃って代表校となれるような、良いオープン戦にしたい」と話す。

 オープン戦は午後1時プレーボールで雨天中止。一般の観戦も可能。当日はOBの柴田氏、田淵氏らも駆けつけるという。

 法政二高の北詰昌敬校長は「地域全体で応援して頂き、それに応える結果を出せるよう生徒、スタッフ共々がんばっていきたい。ぜひ当日は地域の方々にも試合を見に来てもらえれば」と話す。

高津区版のローカルニュース最新6

18区に横田氏擁立

日本維新

18区に横田氏擁立 政治

IT会社代表取締役 元県議

10月30日号

マスク姿で合同防災訓練

明石穂・槍ヶ崎両自治会

マスク姿で合同防災訓練 社会

近隣の利活かし4回目

10月30日号

瓦職人の消火活動を表彰

高津消防署

瓦職人の消火活動を表彰 社会

仕事中の功績称える

10月30日号

秋の多摩川で「二子の渡し」

秋の多摩川で「二子の渡し」 文化

乗船体験で歴史探訪

10月30日号

在宅医療を学ぶ

在宅医療を学ぶ 文化

11月14日、シンポジウム

10月30日号

いじめ認知 過去最多

川崎市立小中学校

いじめ認知 過去最多 社会

 市、調査結果を発表

10月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク