高津区版 掲載号:2015年8月7日号
  • googleplus
  • LINE

数値でみる川崎と高津No.3 シリーズ すでに減り始めている予算 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 全国的には人口減社会となって久しいですが、川崎市ではまだまだ人口増が続いています。

 しかし、川崎市でも現役世代の数はすでに横ばい状態となっていることは、前回に見た通りです。

 こうした人口動態は、川崎市の財政状況にも大きな影響を与えています。人口増ほどには税収が増えていないため、市民一人当たりの予算額は2003年度を境に減少傾向へと転じています。

 下記のグラフは、過去35年間の一般会計決算額の推移を示したものですが、1978年度には市民一人当たり20万円程度だった財政規模が、ピークの2003年度には45万円を超えるところまで増えました。その後は徐々に減り始め、直近の2013年度では40万円まで下がっています。これは1990年頃と同じレベルです。

 人口増は続いているものの、すでに市民一人当たりの財政規模は縮小し始めていることを前提に、川崎市のまちづくりを進めていかなければなりません。

ほりぞえ 健 

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

街道沿い5会場で賑わい

街道沿い5会場で賑わい

2月25日 大山街道フェスタ

2月25日~2月25日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三三回 「高津町の近代化」

    高津物語

    2月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三ニ回 「多摩川大洪水の後」

    高津物語

    2月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク