高津区版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

公益社団法人 川崎市歯科医師会の会長に就任した 山内 典明さん 川崎区在住 61歳

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena

健康長寿社会めざす、歌う会長

 ○…6月27日付けで川崎市歯科医師会の会長に就任した。会は2013年に公益社団法人に移行。川崎市内7区に500人以上の会員を有する。「市民のために各年齢層の歯科健診を充実させるなど歯科保健衛生をより良いものにしていきたい。そのことにより健康長寿社会をつくりたい」と新会長としての抱負を述べる。

 ○…川崎生まれ、川崎育ち。歯科医だった父の背中を見て育ち、自然と歯科医への道を歩んだ。現在も川崎区元木に歯科医院を構える。「自宅と診療所が一緒。子どもの頃から、急な患者さんが夜中に来て父が対応していたのを見ていたよ」と昔を懐かしむ。街を歩けばご近所さんから歯の相談を受けることもしばしば。夫人も歯科医、二人三脚で地域に根差した医療を実践している。息子、娘も歯科医の道へ。息子は現在、他の歯科医院で修業中なのだとか。自身は2代目。3代目の話になると、優しい笑顔がさらに柔らかくなった。

 ○…歯科医療以外に力を注いているのが音楽。オペラやカンツォーネといった楽曲を歌うのが趣味だ。毎月ボイストレーニングに通うほどで、市民音楽団体に所属し、年に1度は関内ホール(小ホール)の舞台に立つ。学生時代はバンドを組みボーカルとピアノを担当。ビートルズなどロック、ポップスを演奏した。小学生からピアノを習い、少年合唱団に所属していたという。「小学生当時は嫌々だった。けど、会長職に就いた今は、歌いたくても歌う時間がなかなかなくて」と歯痒そうだ。

 ○…好きな言葉がある。「健診は人々に健康教育の良い機会を与える」。少子高齢化が進み、医療、介護の費用負担を軽減させるためには平均寿命と健康寿命の差を埋めなければならないとの使命感に燃える。「全身の健康維持のためには歯の健康が大事。自分の健康維持のためにも定期的に歯科を受診してほしい」と呼びかける。

高津区版の人物風土記最新6

小黒 俊子さん

40年以上にわたり主婦目線からの「住みよい街づくり」を標榜する

小黒 俊子さん

諏訪在住 70歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

石塚 靜さん

LED技術を用いて高津区内で桜のライトアップを手掛ける

石塚 靜さん

中原区在住 75歳

3月20日号

水島 涼太さん

俳優として、一人芝居「看取り」を溝ノ口劇場で初めて上演する

水島 涼太さん

多摩区在住 68歳

3月13日号

柏木 靖男 さん

千年町会会長を務め、川崎市自治功労賞を受賞した

柏木 靖男 さん

千年在住 78歳

3月6日号

宮寺 貞文さん

「高津区市民健康の森を育てる会」の会長を務める

宮寺 貞文さん

久地在住 72歳

2月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その3 高品千鶴子さん

    4月3日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その2 高品千鶴子さん

    3月27日号

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.2  「塗装業者選びの判断基準」とは?【1】

    3月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク