高津区版 掲載号:2016年3月18日号 エリアトップへ

川崎市 耐震化率 95%めざす  「改修促進計画」を改定

経済

掲載号:2016年3月18日号

  • LINE
  • hatena

 住宅など民間建築物の耐震化率の目標を95%に定めた、改修促進に関する5カ年計画を川崎市が4月から運用する。今年3月で東日本大震災から5年。市まちづくり局は「重点的に進める施策として市民に知ってもらうため、普及と啓発に力を入れる」としている。

 この計画は2007年策定の「市耐震改修促進計画」改定版で、今月7日まで約1カ月間の意見公募を経て作成。主な取り組みに、昨年12月末時点で77・1%にとどまっていた木造戸建住宅の耐震化率向上、新たな助成制度の運用などが盛り込まれている。

 市内の住宅総数(今年度末)は68万4100戸。そのうち「耐震性を満たす」と評価されたものは63万2700戸で耐震化率は92・4%に達し、現行計画の目標90%を上回った。同局は「武蔵小杉駅周辺のマンションなど、(耐震性を満たした)大型集合住宅の新築による戸数増が要因の一つ」と分析する。

 一方で、木造戸建の耐震化率は横浜市の80%台と比較しても、70%台と低迷している。同局は「改修工事などにかかる経済的負担や、助成制度の利用率の伸び悩みが要因」と指摘。今回の計画で、木造戸建住宅の耐震診断や改修工事にかかる費用のうち、助成金(限度額あり)の補助率を一般世帯で2分の1から3分の2に引き上げ、利用を促す。

 さらに、建物全体の耐震化が困難と考えられる高齢者等のために、部分的な改修や耐震シェルター、防災ベッドの設置など災害被害を軽減する助成制度を新設。同局は「市民の生命や財産を守り、耐震化を進める継続的な取り組みにつなげたい」としている。

高津区版のローカルニュース最新6

「寄席」で元気届け

「寄席」で元気届け 文化

11月27日に高津市民館

10月23日号

医療従事者の「面目躍如」

医療従事者の「面目躍如」 社会

咄嗟AED蘇生に表彰状

10月23日号

ひと編みに成長の願い込め

あみあみの会

ひと編みに成長の願い込め 文化

児童に毛糸作品を寄贈

10月23日号

「映える」風景を投稿

「映える」風景を投稿 文化

フォトコン作品募集

10月23日号

3次販売、窓口に行列

じもと応援券

3次販売、窓口に行列 経済

4日間で22万冊販売

10月23日号

自身初の「リサイタル」

川崎の歌姫・桜井純恵さん

自身初の「リサイタル」 文化

11月1日(日) 高津市民館大ホール

10月23日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク