高津区版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

志高く真摯に市政へ 市政リポート【10】 総務委で函館・青森を視察調査 川崎市議会議員 さいとう伸志(しんじ)

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市議会議員として2年目の議会を迎えています。今年度の常任委員会は、総務委員会に所属することになりました。その総務委員会で5月9日と10日に青森市と函館市への視察調査を実施いたしました。

 北海道新幹線が地域経済に及ぼす影響や観光、ブランドメッセージ等について、現地調査しました。

都市連携がカギ

 新青森〜新函館北斗間を結ぶ北海道新幹線が今年3月26日に開通し、話題となりました。しかし新幹線の開通はプラスの面だけではありません。マイナスとして作用することもあります。その一つとして、人やお金が求心力のある都市に吸い取られ、地域経済が衰退してしまう「ストロー現象」があげられます。青森市の行政職員にストロー現象の対策について聞いたところ「函館、青森、弘前などの各市と連携して各地域の魅力をアピールしている」とのこと。東京と横浜という大都市に挟まれている川崎においても非常に参考になりました。2020年の東京オリンピック、パラリンピックでは、多くの外国人観光客が訪れることが予想されます。この訪日観光客(インバウンド)の誘客が地域経済の活性化につながるはずです。それには、東京と横浜との連携が不可欠です。また、人口減に伴う地域経済の厳しさに直面している函館市ではインバウンドを意識し、シャッター通り商店街の対策として観光施策を展開。朝市、五稜郭などポイント、ポイントで重点的に集客を図り、経済を循環させています。

ブランドメッセージ

 青森市では北海道新幹線の開通にあわせて、観光キャッチフレーズ・シンボルマークを策定しました。川崎市でも市制100周年などをみすえて、新たなブランドメッセージの策定作業を進めています。青森市のキャッチフレーズは「こころハネる青森」。ねぶたや跳人が連想されるマークです。その土地の良い部分をふんだんに使い、一目で連想できる素晴らしいブランドメッセージです。一方、川崎市のブランドメッセージ(キャッチフレーズ・マーク)はどうでしょうか。4つの案から市民意見を募集し、A案の「Colors,Future!いろいろって、未来。川崎市」の好感度が一番高かったようです。しかし、川崎らしさを感じることはできません。マークも単調。再考しても良さそうです。
 

斎藤 伸志

川崎市高津区上作延201-101

TEL:044-982-0194

http://shinjisaitou.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

決算審査特別委員会の総括質疑に立つ

志高く真摯に市政へ 市政リポート 54

決算審査特別委員会の総括質疑に立つ

川崎市議会議員 さいとう伸志

10月23日号

急傾斜地・レッドゾーン安全対策を

市政報告

急傾斜地・レッドゾーン安全対策を

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

10月16日号

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

意見広告

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

 立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月9日号

コロナ禍で「危機的な地域交通」

数値でみる川崎と高津 No.65 シリーズ

コロナ禍で「危機的な地域交通」

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

10月2日号

「高齢者外出支援乗車事業」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 53

「高齢者外出支援乗車事業」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

9月25日号

コロナ禍で注目される 「高津区民の移動範囲」

数値でみる川崎と高津 No.64 シリーズ

コロナ禍で注目される 「高津区民の移動範囲」

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

9月4日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク