高津区版 掲載号:2017年12月22日号
  • googleplus
  • LINE

薬物の怖さ学ぶ 東高津中で特別授業

教育

生徒に話をする藤原さん(写真左)
生徒に話をする藤原さん(写真左)
 薬物乱用の怖さを知ってもらおうと、東高津中学校で「薬物乱用防止教室」が12月12日に開かれた。

 当日は川崎ダルクの藤原忠興理事長代行と山田浄生さん、渡邊愛さんが招かれ、生徒たちは薬物の恐ろしさを学んだ。

 同教室は薬物乱用の勧誘パターンなどを紹介するビデオ鑑賞で始まり、その後はダルクのスタッフによる実例を交えた話が展開された。藤原さんは「薬物は1回でも使うと依存症になり、犯罪者扱いされてしまう」と話し、家族崩壊にもつながる薬物の恐怖を紹介。また、山田さんや渡邊さんは自身の薬物依存の経験や克服した経緯を生徒に紹介した。

 同教室後、生徒たちは感想を書き、3年生の女子生徒は「初めて薬物を使ってしまった人の話を聞いて、心に響くものがありました」と述べた。

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大学院生が集大成を披露

洗足音大

大学院生が集大成を披露

1月18日から7日間

1月18日~1月26日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇二八回 「街道の高層化」

    高津物語

    1月12日号

  • 高津物語

    連載第一〇二七回 「数学恐怖症」

    高津物語

    1月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク