高津区版 掲載号:2018年4月13日号
  • googleplus
  • LINE

稚児行列が祭に華添え 化粧や揃いの衣装で練り歩く

社会

華やかな衣装をまとった子どもたち
華やかな衣装をまとった子どもたち
 奉祝祭に先立ち行われた「稚児行列」には事前の呼びかけに応じた幼児や小学生ら約80人が参加した。

 額に位星と呼ばれる黒い丸を描き、紅を塗るなど独特の化粧をした子どもたち。男児は紫の袴と烏帽子、女児は赤の袴に華やかな花冠をかぶって登場。平安絵巻さながらの“お稚児さん”たちの行列は、こちらも新しくなったばかりの久末小学校を出発。宮司について一人でしっかり歩く子、親の手をつかんで離さない子など、賑やかに神社まで練り歩き、沿道からは「かわいい」という声が飛び、写真撮影の人だかりができていた。

 神社での正式参拝では稚児代表による玉串拝礼などが行われた。

 もとは子どもの無病息災を祈り、成長を願う「稚児行列」。子どもと一緒に参列した保護者のひとりは「貴重な機会で子どもにも良い思い出になりました。これからも地元の氏神様として子どもたちを見守ってもらえたら」と話していた。

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

身近なもので科学実験

身近なもので科学実験

市民プラザ 小学生対象

6月9日~6月9日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四六回「高津物語22年」

    高津物語

    5月18日号

  • 高津物語

    連載第一〇四五回「連休に兄二人を想う」

    高津物語

    5月11日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク