高津区版 掲載号:2018年4月27日号 エリアトップへ

JOC春大会 区内2クラブが活躍

スポーツ

掲載号:2018年4月27日号

  • LINE
  • hatena
カワサキSCの水球チーム
カワサキSCの水球チーム

 第40回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会が3月に行われ、宇奈根のカワサキスイミングクラブが水球競技で、NECグリーンスイミングクラブ溝の口に所属する小山雄大選手(国立第三小5年)と山尾利樹人選手(大谷戸小5年)、同クラブ玉川(中原区)に所属する小嶋壮選手(御幸中3年)が競泳競技で優勝した。

夏の雪辱果たす

 11回目の優勝を果たした水球チーム。主将を務める斎藤昂泰選手(西高津中1年は)「やっと優勝できた、という気持ちだった」と安堵した様子で語る。試合後は涙を見せる選手もいた。

 昨夏のJOC大会では、優勝候補とされながら結果は4位。この大会以降、当時6年生だったメンバー7人が、同クラブの中学生と同じ練習をこなし、スプリント力、持久力の徹底強化を図った。「小学生とは別次元の辛さ」を全員で乗り越え、雪辱を果たした。現在、中学生チームで練習する斎藤選手は「あたり負けしない体作りをしてまずはメンバー入りを目指したい」と抱負を語った。

昨夏から飛躍し初優勝

 小嶋選手は平泳ぎ100m(13歳〜14歳区分)で優勝を果たした。自身初の優勝に「自信があったので嬉しかった」と喜びを語る。昨夏の戦績は同種目6位。飛躍の理由は、同世代のトップスイマーが集まる合宿に参加した事だった。小嶋選手は「練習の合間にストレッチや学校の課題をするなど、日常生活の意識の高さを感じて刺激を受けた」という。次の目標は「夏の全中大会優勝」と意気込みを語った。

 小山選手は背泳ぎ50m(10歳以下区分)で初優勝を果たした。「早くに大きい大会で優勝できて良かった」と小山選手。「後半に追いつかれる」という課題に向け、バサロを重点的に練習していた。同じ区分で出場する次の夏大会に向け「優勝を目指す」と語った。

 山尾選手はバタフライ50m(10歳以下区分)で優勝、自由形50m(同)で準優勝を果たした。「今まで水泳を続けてきてよかった」と嬉しさを滲ませる。自由形、背泳ぎの決勝戦は同日に行われ「2冠を狙っていた」と悔しさも。区分が上がる夏大会に向け「2種目で決勝戦に残れるように」と抱負を語った。

山尾選手(左)と小山選手
山尾選手(左)と小山選手
小嶋選手
小嶋選手

高津区版のローカルニュース最新6

夏祭り・盆踊りの日程一覧

橘地区

夏祭り・盆踊りの日程一覧 文化

家族と思い出づくりを

7月12日号

「考える野球」で勝利目指す

高津高校野球部

「考える野球」で勝利目指す スポーツ

あす、神奈川大会初戦へ

7月12日号

下作延第二が優勝

高津区少年野球大会

下作延第二が優勝 スポーツ

強力打線が爆発、市大会へ

7月12日号

新体制がスタート

新体制がスタート 社会

区内RC・LC役員

7月12日号

若者へ届け、選挙啓発

川崎市

若者へ届け、選挙啓発 政治

学生に向けインターンシップ

7月12日号

秋の4連休 今年も

川崎市立校

秋の4連休 今年も 教育

保護者、教員に「有休」促す

7月5日号

外壁塗装の”秘密兵器”

区内企業が新たな取り組み

外壁塗装の”秘密兵器” 社会

事前診断に「ドローン技術」

7月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その3 加藤 孝市さん

    7月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク