高津区版 掲載号:2018年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

人気アニメの世界観を演出 洗足音大が演奏協力

文化

大和田さん(中央)とフレッシュマン・ウインド・アンサンブルの学生
大和田さん(中央)とフレッシュマン・ウインド・アンサンブルの学生
 吹奏楽に青春をかける高校生の成長を描くアニメ「響け!ユーフォニアム」。2015年から放映され、今年、2本の映画が公開される大ヒット作品だ。実は、作画や物語とともに人気を支える吹奏楽演奏を、洗足学園音楽大学の学生が担当している。

 主に演奏協力するのは1年生で編制される吹奏楽団「フレッシュマン・ウインド・アンサンブル」。同団の企画運営責任者の大和田雅洋准教授も放映以来、音楽監修として携わっている。大和田さんは「高校卒業したばかりの1年生が参加することで、よりリアリティを出せる」と話す。

 演奏協力は、主役高校の演奏、全国大会でのライバル校の演奏や楽器を掃除する音など日常音の演出も行う。「全国大会はレベルの高い中・高校生の演奏や制限時間もあるので演奏は一苦労」と大和田さん。7、8回とり直すこともあるとか。

 楽譜が手渡されてから録音まで1カ月半程。音程が合わない、リードミスなど「下手な音」の演出や物語が進むごとに「上達していく音」を表現する。登場人物の心情や成長を演奏の変化で伝え、作品に深みを与えている。

 「思いっきり下手な演出もあるが、段々上手になっていく音の表現は、録音を重ねる過程で自然と表現される音。フレッシュマン・ウインドの成長が、そのままアニメとシンクロしている部分もある」と大和田さん。学生の演奏がアニメの世界観を作り上げていた。

1日でスキルアップパソコン講座

個人から社内研修まで対応。コース充実、初級、ビジネス、スマホも!

http://www.kawasaki-net.ne.jp/seminar/pc.html

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

半年の罪穢れを払う

半年の罪穢れを払う

6月30日 溝口神社

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇五〇回「高津物語」

    高津物語

    6月22日号

  • 高津物語

    連載第一〇四八回「高津の転換期」

    高津物語

    6月15日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク