高津区版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • はてぶ

「カメが好きな飲み物は?」 子母口小でだじゃれ体験

教育

児童にだじゃれを教える鈴木さん
児童にだじゃれを教える鈴木さん
 だじゃれを使ったゲームで言葉の大切さなどを学ぶ「だじゃれの時間」が6月1日、子母口小学校わくわくプラザで行われ、同プラザに通う児童約70人が参加した。

 この企画は「日本だじゃれ活用協会」(鈴木ひでちか代表理事)が、市内101カ所のわくわくプラザを運営する「かわさき市民活動センター」に声を掛けて実現したもの。昨年度から行われ、今年度は初めての実施。

 当日は同協会のメンバーが「カメが好きな飲み物は?答えはコーラ(甲羅)」といったクイズや「かくれんぼことば」で、だじゃれの楽しみ方を児童に伝えた。鈴木さんは「児童たちが集中力やチームワークを発揮してくれた。だじゃれで親睦を深めてほしい」と話した。

 児童たちは「ゲームが楽しく、だじゃれが好きになった」と笑顔で話し、同プラザの四居恵以子さんは「児童たちが言葉の大切さを学べ、脳の活性化にもなった」と喜んだ。

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大人のための理科教室

大人のための理科教室

県立川崎図書館で無料講座

10月20日~10月20日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇六五回手描友禅、石渡弘信氏

    高津物語

    10月12日号

  • 高津物語

    連載第一〇六四回「紺屋」

    高津物語

    10月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク