高津区版 掲載号:2018年8月31日号 エリアトップへ

ハザードマップ 「住む場所の危険性を知って」 5割が浸水想定区域

社会

掲載号:2018年8月31日号

  • LINE
  • hatena
今春改定された洪水ハザードマップは、2日間の総雨量、多摩川が588ミリ、鶴見川(矢上川・有馬川)が792ミリで想定されている。西日本豪雨では、最も多い地域で48時間、1025ミリの降水量が観測された。
今春改定された洪水ハザードマップは、2日間の総雨量、多摩川が588ミリ、鶴見川(矢上川・有馬川)が792ミリで想定されている。西日本豪雨では、最も多い地域で48時間、1025ミリの降水量が観測された。

 平成に入り最悪の豪雨災害となった「平成30年7月豪雨」(西日本豪雨)。多くの犠牲者が出た倉敷市真備町では、住宅地が大規模に冠水。その浸水範囲は洪水ハザードマップのほぼ想定通りだったという。改めて、地域にどのような危険の可能性があるのか知ることが重要だ。

 川崎市は、多摩川と鶴見川の浸水想定区域図をもとに、洪水ハザードマップ高津区版を今年3月に改定した。改定後のマップでは、区内の浸水面積は全体の半分を占める8平方キロメートル。浸水の深さは最大、久地周辺や諏訪周辺で5〜10メートルとなる。

 区危機管理担当は「まずは、ハザードマップを確認し、自分の住む地域にどういう被害を受ける可能性があるのか知ってほしい」と呼びかける。

 ハザードマップで確認するのは自宅の場所、避難場所、避難所までの距離や経路。「自宅待機ですむのか、避難が必要なのか。備蓄はどの程度必要か。避難する場合は、避難までの経路に急坂や川はないか。マンホールや側溝は冠水していると分かりません。実際に歩いて安全経路を決めることも大切です」という。

情報入手方法も確認を

 「避難するタイミング」の情報を正確に、迅速につかむことも重要だ。

 市が発表する避難情報や災害情報は、テレビやラジオ、ホームページ、アプリ、防災行政無線や電話など様々な方法で入手できる。「メールニュースかわさき」の登録や「かわさき防災アプリ」のダウンロードなど、事前準備が望まれる。

 「こうした災害時の避難行動の確認は1人ではなく、家族や友人、ご近所の方と共有することが大切。万が一の時に声をかけあう意識を」と話す。

 川崎市洪水ハザードマップ高津区版は区役所で配布している。マップ入手に関する問い合わせは区危機管理担当【電話】044・861・3146

高津区版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月14日号

集中豪雨への対策を

高津消防署

集中豪雨への対策を 社会

多摩川で水防訓練

6月14日号

久本BAが4連覇

久本BAが4連覇 スポーツ

第18回会長JNS杯

6月14日号

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え 文化

30日 午後4時から

6月14日号

薬医門公園で七夕まつり

薬医門公園で七夕まつり 文化

短冊づくりや陶芸展も

6月14日号

「あじさい寺」見頃に

久地駅から臨時バスも

「あじさい寺」見頃に 文化

16日 長尾でまつり

6月14日号

一躍脚光、新作の「町工場」

一躍脚光、新作の「町工場」 社会

 ブラックホール撮影支えた技術力が話題に

6月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

音楽と絵本が一体に

音楽と絵本が一体に

23日、市民館でコンサート

6月23日~6月23日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その3 英 径夫さん

    6月7日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク