高津区版 掲載号:2019年2月1日号 エリアトップへ

富士通スタ 球場ラーメン店主何処へ 懐古イベントに向け情報募る

スポーツ

掲載号:2019年2月1日号

  • LINE
  • hatena
同スタジアムに飾られている球場ラーメン店の写真
同スタジアムに飾られている球場ラーメン店の写真

 富士通スタジアム川崎(川崎区)が川崎球場の歴史を振り返る催しを2月2日(土)に企画している。

 「第3回川崎球場今昔物語 君は川崎球場を知っているか?」と題したこのイベント。スタジアムの前身でもある川崎球場は、かつてプロ野球大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)などが本拠地としてプレーしていた。イベントはこうした歴史を後世に伝え、新しい歴史を積み重ねていくことが目的だ。

 当日の目玉の一つは、ファンだけでなく、選手も試合前に立ち寄って食べていたという球場ラーメンの復刻だ。スタジアムの田中育郎支配人によると、ラーメン店はスタジアムを利用するアメフト関係者も知っていたことなどから、90年代まで営まれていたようだ。店は何度か入れ替わったが、ファンの間で印象深いのが球場晩年の店。「なんの変哲もない中華そばだが、ちぢれ麵でしょっぱい。チャーシューがたくさん入っていたのが特徴」と田中さんは語る。インターネットでは、川崎区浜町の金子商店が営んでいたとされ、スタッフが確認のために足を運んだところ既に店は無くなっていて、地域住民によると店主は店をたたんだ後、菊名(港北区)へ移り住んだことが判明。ただ、連絡先もわからないことから広く情報を募ることを決めた。

 「当時のメニューを再現していただきたいが、せめて店主が顔を出していただくだけでもありがたい。レシピだけでも教えてもらえれば」と田中さん。「手掛かりをいただきたい」と呼びかける。情報、問い合わせは同スタジアム(【電話】044・276・9133)。

村田さんが登場流しそうめんも

 イベント当日はロッテオリオンズのエースとして通算215勝をあげ、「サンデー兆治」の異名で知られる村田兆治さんをゲストに招いたトークショーを開催。スタンドで観客が行っていた流しそうめんのデモンストレーションも見どころだという。このほかにも、川崎球場リアル謎解きゲーム、野球フリーマーケット、スタジアムツアー、ギャラリーなどを実施する。午前9時から午後5時。有料イベントもあり。時間帯など詳細は同スタジアムHPShttps://kawasaki-fujimi.com/
 

高津区版のローカルニュース最新6

35人に完歩賞

一日一万歩歩こう会

35人に完歩賞 社会

「健康に貢献」誓う

5月17日号

溝口駅で献血活動

溝口駅で献血活動 社会

高津RCが呼びかけ

5月17日号

末長エリア「卓球」で元気に

末長エリア「卓球」で元気に 社会

仕掛け人は”あのオブジェ”の生みの親

5月17日号

気軽に溝口を満喫

気軽に溝口を満喫 文化

5月20日から「1000ぶら」

5月17日号

ごはんの魅力もっと知って

ごはんの魅力もっと知って 文化

地元の「ソムリエ」がお米教室

5月17日号

5年後のオリンピックを目指す

高津区の平成、新時代とは

特別インタビュー

高津区の平成、新時代とは 文化

高津物語執筆者 鈴木穆さんに聞く

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク