高津区版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

意見広告 働く世帯が恩恵を受ける新しい時代へ 自由民主党川崎市連高津区県政政策委員 佐野 太悠

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena

 私は神奈川県の更なる発展のために、民間企業の経験と一児の父親としての目線をもとに、高津区で活動をしています。

 今年は元号が改まる歴史の大きな節目を迎えます。そうした中いつの時代も大きな負担を背負ってきたのは働く世帯です。

 生産年齢人口は減り続けワーキングマザーの割合が7割を超えた現在、新しい時代は働く世帯も恩恵を受ける仕組みが必要ではないでしょうか。

働く世帯が負担を背負い続ける理由

 それは、働く世帯は選挙に行く人が少ないためです。政治家は、有権者の代表ですが、どうしても選挙に足を運ぶ人々の意見を重視しがちです。多くの都市が人口減に悩む中で、高津区は20代から60代の働く世帯が増加している伸び盛りの街です。働く世帯が投票に行くことで、一緒になって高津区から社会を変えられると確信しています。

新しい時代への提案

 たとえば、東京都北区の先進事例を発展させて高津区に導入します。「働く世帯パスポート」を神奈川県や高津区内の協賛店に提示して経済負担を軽減させ、地域の協賛店となじみになることで地域経済の活性化を実現します。また高すぎる税金や大学進学費用などに対してもメスを入れていきます。新しい時代は、先進的な政策を実行し、高津区が神奈川県に先駆けて「働く世帯が正当に報われるモデル都市」をつくりだします。
 

佐野 太悠

川崎市高津区溝口3-24-12-201

TEL:080-3718-9708

高津区版の意見広告・議会報告最新6

平瀬川護岸工事、早急の取組を

県政報告

平瀬川護岸工事、早急の取組を

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

10月11日号

川崎は「公害のまち」?

数値でみる川崎と高津No.53 シリーズ

川崎は「公害のまち」?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

10月4日号

平成30年度一般会計決算について

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊹

平成30年度一般会計決算について

川崎市議会議員 さいとう伸志

9月27日号

「くにこ」の県庁見聞録

連載223回

「くにこ」の県庁見聞録

女性活躍推進議連

9月13日号

過去最高を更新した市税収入率

数値でみる川崎と高津No.52 シリーズ

過去最高を更新した市税収入率

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

9月6日号

自衛隊への名簿提出中止を

市政報告

自衛隊への名簿提出中止を

日本共産党 川崎市議会議員 むねた裕之

8月30日号

札幌市の不妊治療支援事業・不育症治療費助成事業について

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊸

札幌市の不妊治療支援事業・不育症治療費助成事業について

川崎市議会議員 さいとう伸志

8月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク