高津区版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

フィルム施工の「恩返し」  東野川、青木保男さんの心意気とは?

社会

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
6月8月に行われた寄付施工では2台にフィルムを貼付した
6月8月に行われた寄付施工では2台にフィルムを貼付した

 区内・東野川にある「株式会社 総商」。ガラスの飛散防止や熱の遮断などに効果的とされる「フィルム施工」を手掛ける同社会長を務める青木保男さんは、この技術を地域への恩返しに役立てようと様々なアイデアで話題を振りまいている。今月実施した、川崎市の福祉車両への「寄付施工」も

その一つ。心意気の輪が広がりを見せている―。

感謝込め技術を還元

 JCAA(日本自動車用フィルム施工協会)という業界団体の会長も務める青木さんは昨年、優れた技術者に贈られる「かわさきマイスター」を受賞。これまで支えてくれた周囲や地域の人たちに感謝の意を込めて、自らの施工技術を地元エリアなどで適宜還元し、多くの人を笑顔にしている。

 そんな中、今月8日に行った川崎市への「寄付施工」。既に市所有の公用車には寄付施工を済ませており、今回はその続きといった位置づけ。

 「社会福祉法人ともかわさき」の福祉車輌2台に遮熱フィルムを手際よく貼り、施工済み車両の前で満々の笑み、といった様子=写真前列中央=。また今回はJCAA関東支部のメンバーの力添えを仰ぎ、使用フィルムについても複数のメーカーから提供を受けるなど、こうした寄付施工の実施体制についても成熟してきた様子。恩返しのネットワークが確実に地域に浸透しつつある。

小学校への寄贈も

 さらに青木さんは、このフィルムを施工したガラス窓を区内の小学校に寄贈することも。自らの申し出により「子どもたちにものづくりに興味を持ってもらいたい」と、フィルムの持つ飛散防止機能を体験可能な「即席授業」の講師も担当する。

 子ども達が、フィルムを施工したガラスを金属バットで強打しても、割れたガラスが飛び散らないことを証明するのがこのイベントの目玉。こうした様々な形での地域貢献活動は近年、継続的に行われており、フィルム施工を通した独創的な「恩返し」はますます加速しそうな様子。

 フィルムをこよなく愛し、新商品開発などにも貢献し続ける青木さんの次の一手に、大きな期待と関心が寄せられている。

青木さんからフィルムの説明を受ける児童ら
青木さんからフィルムの説明を受ける児童ら

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6

「本年は何事もなく平和な年に」

再犯防止に連携強化を

高津区保護司会

再犯防止に連携強化を 文化

1月24日号

「今年も氏子が中心となり盛り上げたい」

60回目の研修大会

川崎市幼稚園協会

60回目の研修大会 教育

未来の幼児教育像、講演も

1月24日号

往年の名曲を歌う

法政大学神奈川県校友会

往年の名曲を歌う 文化

参加者を募集中

1月24日号

フリーアナが講演

2月4日高津市民館

フリーアナが講演 教育

ハンセン病、性暴力の現場から

1月24日号

愛された味、37年歴史に幕

溝口初の老舗洋食店

愛された味、37年歴史に幕 文化

建て替えで1月末閉店

1月24日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月24日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク