高津区版 掲載号:2019年11月22日号 エリアトップへ

溝口エリアのイベント「ノクチ ディスコ」を成功に導いた KEITAさん(本名:田中 啓太) 二子在住 41歳

掲載号:2019年11月22日号

  • LINE
  • hatena

「ヒップホップ」地域の方へ

 ○…今ではすっかり知名度を上げた武蔵溝ノ口駅改札前の風景。ダンスの練習に明け暮れる若者たちの姿に20年前の自分を重ね合わせる。「当時は酔っ払いに絡まれたり、少し騒げばお巡りさんに注意されたりと、大変でしたね」と苦笑い。

 ○…かつては駆け出しのダンサーとして、都内クラブなどでテクニックの体得に励む一方、アルバイトをしながらオーデションに参加し続るという下積みを経験。21歳の時に女性アーティストMISIA(ミーシャ)のバックダンサーとして念願のプロ転向を果たした。その後は安室奈美恵、ドリカム等々、名立たる有名アーティストとの共演を次々に果たすなど、その活躍は枚挙に暇がないといった様相。その間、世代や嗜好の壁を超越し、多くの人と感動を共有するステージに立ち続けた事で「心境の変化が生じてきた」とも。

 ○…自身が手掛ける「ヒップホップ」と呼ばれるストリートダンスは、今でこそ学校の授業でも採択されるほどのメジャーとなったが「昔は教えてくれる所も全くなかったですよ」とポツリ。世間的には少しヤンチャなイメージも手伝い、決して恵まれているとは言い難い環境下で力を養ってきた。だからこそ若い頃は歯牙にもかけなかった「地元=高津区」に着目した。「自分が現役のうちに地域とダンスを結び付けたいんです」と話す瞳には並々ならぬ決意を感じさせる。

 ○…3年前からはインストラクターとして独立。高津区内で子ども達への指導にあたるほか、区民祭でのパフォーマンス披露など、活躍の場を着々と拡げつつある。「ノクチ ディスコ」の総合演出を引き受けたのも新たな心意気の一つ。培ってきた英知と技術を地元に還元する”真骨頂”は、これからだ。

高津区版の人物風土記最新6

冨田 誠さん

高津区社会福祉協議会の会長に就任した

冨田 誠さん

坂戸在住 71歳

1月24日号

中矢 邦彦さん

古希野球で昨秋全国優勝し、今年連覇を目指す「川崎ブルーソックス」代表の

中矢 邦彦さん

下作延在住 78歳

1月17日号

武笠 太朗さん

地元屈指の「介護スペシャリスト」として各所で活躍する

武笠 太朗さん

坂戸在住 50歳

12月13日号

鈴木 暁子さん

市内自主保育団体のネットワーク組織「ちいくれん」の代表を務める

鈴木 暁子さん

二子在住 34歳

12月6日号

西堀 裕太朗さん

「全国きき酒選手権大会」に神奈川県代表として出場した

西堀 裕太朗さん

千年在住 30歳

11月29日号

瀧澤 純二さん

高津区で活動する草野球チーム「川崎リバース」の監督を務める

瀧澤 純二さん

宮前区在住 71歳

11月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月24日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク