高津区版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

溝口初の老舗洋食店 愛された味、37年歴史に幕 建て替えで1月末閉店

文化

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena
「お世話になりました」と金成さん(右)と細谷店長(中央)
「お世話になりました」と金成さん(右)と細谷店長(中央)

 溝口の老舗イタリアン「ポモドーロ」が1月末、建物の建て替えに伴い店を閉じる。「溝口で最初のイタリアン」として地域に親しまれてきた名店が37年の歴史に幕を下ろす。

 同店は、現オーナーの鈴木通温さんの母、貞子さん(享年69)が1982年に開店した。鈴木さんは「人が集まることが好きだった母。みんなが集まって話せる場を作りたいと始めた店でした」と話す。開店当時は今ほど商業施設や飲食店がなかった時代。溝口初のイタリアンを食べようと、500人お客さんが入ったこともあったという。

 同店のハンバーグは全て手ごね、ピラフは香料「サフラン」を使用し丁寧に作る。メニュー開発には、鈴木さんが必ず試食し、「強すぎず、ずっと食べても健康で飽きない味」を心掛けている。

 開店当初から厨房に立つ細谷寿ハイ店長は、当時、洋食店の経験はなかった。「奥さん(貞子さん)から技術を1年で覚えてほしいと言われていた。料理長の技を隣で見て必死で盗んだよ」と振り返る。また、開店時からホールに立つ金成ミヤ子さんは「自分の子どもが小さいとき、店に連れてきたこともあった。お店も、お客さんも家族同然。『寂しい』というお客さんから声をいただいて、こちらもお別れが辛いですね」と思いを語る。

 金成さんは、歴代のスタッフに連絡し店の閉店を伝えている。岩手県や新潟県から駆け付けてくる人もいるという。

 鈴木さんは「母と店長と金成さんの人柄で、多くの地域の方にかわいがっていただいた店。感謝しかないです。本当にありがとうございました」と話した。

看板メニュー「ピラフ・ハンバーグ」は多くの人に愛された味
看板メニュー「ピラフ・ハンバーグ」は多くの人に愛された味

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6

先月完成「等々力球場」中学総体で初試合

【Web限定記事】

先月完成「等々力球場」中学総体で初試合 スポーツ

市内4強 球児ら熱戦

10月16日号

市民活動との出会いの場に

市民活動との出会いの場に 文化

まちづくりカフェ 参加募集

10月16日号

地元中・高生の力作ズラリ

区役所ロビー

地元中・高生の力作ズラリ 教育

特殊詐欺防止「塗り絵」並ぶ

10月16日号

名物仕掛人が復帰

フロンターレ

名物仕掛人が復帰 スポーツ

天野さん「地域を元気に」

10月16日号

真剣な児童達に感心

川崎高津RC

真剣な児童達に感心 教育

梶ヶ谷小学校で「防災教室」

10月16日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月16日号

川崎市経済労働局商業振興課

テイクアウトやインターネット販売開始への補助金、申請は11月30日までです

https://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000118174.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク