高津区版 掲載号:2020年2月28日号 エリアトップへ

「高津区市民健康の森を育てる会」の会長を務める 宮寺 貞文さん 久地在住 72歳

掲載号:2020年2月28日号

  • LINE
  • hatena

「エコ」への関心、活動の礎に

 ○…区内・千年。橘小学校の裏手に広がる区民の憩いスポット「高津区市民健康の森」が活躍の場。7ヘクタールを超える広大な敷地の維持・管理などを手掛けるボランティアグループの代表として手腕を揮っている。

 ○…現在会員は約60人。毎週木曜日に来られる人が自発的に集い、緑の保全などを目的に野外活動に従事する。各自の担当などは厳密に決めておらず「何となくみんな、やりたいことをやっている感じですかね」と笑顔で話すが、ホタルを放流し鑑賞会を開催したり、炭焼き体験を行ったりと、年間を通し様々な企画を手掛ける。とりわけ、秋のサツマイモ掘り体験イベントは参加の抽選倍率が5倍にもなる人気イベントに。さらに「あと1つ2つ、やりたい事があるんですよ」と、今後は鯉のぼりを泳がせたり、ジャガイモで収穫体験を行ったりという構想を話す表情からは、充実した活動の満足感が垣間見えた。

 ○…元々は外資系企業で半導体製造に携わってきたサラリーマン。一見、畑違いのセカンドライフと思いきや「ずっと”エコ”に関心があったんですよ」とニッコリ。定年後、市が募っていた「地球温暖化防止活動推進員」の養成講座に参加した事で方向性が定まり、2002年から現在の活動を続けている。半導体製造という先端技術とエコロジーとの関連については「エコって最新技術が導入されやすいんですよ」と、その親和性の高さを説く。また自身マイカーはハイブリッド車、自宅屋根には太陽光発電と、実例にも枚挙に暇がないといった様子。

 ○…森の保全は「体力勝負」。基本スポーツは嫌いだが、野外活動の賜物か「筋肉がつきましたよ」とも。興味や関心を上手く絡ませながら自然を愛で、活力を得る―。

高津区版の人物風土記最新6

甲賀 哲朗さん

本紙連載「市民健康の森だより」の文章・構成を担当している

甲賀 哲朗さん

坂戸在住 72歳

9月25日号

山崎 百香さん

ノクティプラザ新フードホールのキャラクターデザインを担当した

山崎 百香さん

多摩区在住 29歳

9月11日号

大嶋 基照さん

川崎市北倫理法人会の      新会長に就任した

大嶋 基照さん

中原区在住 49歳

9月4日号

吉本 晴夫さん

ライオンズクラブ国際協会330-B地区のガバナーに就任した

吉本 晴夫さん

藤沢市在住 72歳

8月28日号

戸沼 智貴さん

限定の動画配信が好評だった梶ヶ谷小PTA会長を務める

戸沼 智貴さん

梶ヶ谷在住 44歳

8月21日号

鈴木 正孝さん

7月にオープンした「カワスイ 川崎水族館」の館長を務める

鈴木 正孝さん

都内在住 55歳

8月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク