高津区版 掲載号:2020年6月19日号 エリアトップへ

補聴器店主考案 耳痛くないマスク 医療機関など1000個寄付

文化

掲載号:2020年6月19日号

  • LINE
  • hatena
耳にかけずにマスクを装着できる
耳にかけずにマスクを装着できる

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、マスク着用が日常になった。しかし装着し続けていると『耳が痛くなる』『ピアスが絡まる』という新たな悩みの声もよく聞こえてくる。

 そこで、補聴器店の店主がマスクを耳にかけずに装着できる「マスクリップ」を考案。これまで1000個以上制作し、店の顧客、市内外の医療機関、視聴するネット配信番組に寄付。喜びの声が届いている。

”相性悪い”きっかけ

 マスクリップは着脱可能なストラップと髪ゴムを組み合わせたもの。マスクの両紐に結び、後頭部で留められる。

 考案したのは補聴器店(有)堺堂の店主、大貫悦信さん。大貫さんは「マスクは補聴器と相性が悪い。マスクを取るときに補聴器まで外れ、落としてしまうことも。花粉症の時期に向けて不便さを何とかしたいと考えていた」と話す。

 初めは帽子と服をつなぎとめるクリップ、長さ調整できるパーツで試作。「マスクが下がってくるのと、コストも高かった」と失敗作に。だが、紐ではなく、伸縮性のある髪ゴムに着目。試行錯誤を繰り返し、現在の形が完成した。「花粉症シーズンが始まる前に」と、早速同店の顧客に配布すると、同店には喜びの声が届いた。

ネット番組で全国に

 新型コロナウイルスにより、マスク着用が必須になると、「マスクリップ」の注目度も増した。

 大貫さんは、自身が視聴するインターネット配信番組に、スタッフ用の「マスクリップ」と、必要としている医療機関に寄付したいことを書いた手紙を送った。番組内で手紙が紹介されると、大貫さんの元に埼玉県や和歌山県の医療機関から連絡があった。

 「必要とされるのなら」と、大貫さんは市内医療機関や軽症者を受け入れ施設にもマスクリップと手紙を送った。すると、感謝状や病院長直筆の感謝の手紙、看護師が使用している写真が届くなど、喜びの声が届いている。大貫さんは「試しにという気持ちで送ったけど、自分のアイディアが少しでも役に立てたなら嬉しい」と語った。

髪ゴムとストラップパーツを組み合わせたマスクリップ
髪ゴムとストラップパーツを組み合わせたマスクリップ
医療機関から感謝状が届いた
医療機関から感謝状が届いた

高津区版のローカルニュース最新6

在宅医療を学ぶ

在宅医療を学ぶ 社会

訪問診療医が講演

10月22日号

一日限定「美唄フェア」

一日限定「美唄フェア」 社会

23日 久地・日本理化学で

10月22日号

写真スポットがお目見え

梶ヶ谷「樹音」

写真スポットがお目見え 社会

ハロウィーン向けに設置

10月22日号

ジャイアンツJrに選出

久本BA入江諒太さん

ジャイアンツJrに選出 スポーツ

12球団選抜大会出場へ

10月22日号

シャンソンの歌声を

シャンソンの歌声を 文化

27日 すくらむ21

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook