高津区版 掲載号:2020年7月10日号 エリアトップへ

「夢の記録」重ね600回 地元ゴルファー、偉業再び

スポーツ

掲載号:2020年7月10日号

  • LINE
  • hatena
ホールアウト直後、両手で数字の「6」を表し喜びの表情をみせる田中菊雄さん
ホールアウト直後、両手で数字の「6」を表し喜びの表情をみせる田中菊雄さん

 区内在住のアマチュアゴルファー・田中菊雄さん(85)が7月1日、プロ選手でも困難とされる「エージシュート(AS)」と呼ばれる記録を600回まで伸ばした。

 前回の節目(500回)達成は昨秋。この間コロナ禍の影響等でペースに狂いが生じたのか否か。本人に聞いた―。

すべて「ガチンコ」

 本紙ではこれまで2回、田中さんが一歩一歩、記録を積み重ねてきた「エージシュート(AS)」について紹介。ただ単に「400回」「500回」と、節目ということのみならず、その1回、1回が自身のプレーが有利になる「救済措置」を一切受けず、いわゆる「ガチンコ」の積み重ねという事にも感銘を受け、記事にしてきた。

コロナ禍ゆえ慎重に

 そもそも「AS」とは、ゴルフの打数スコア(18ホール)が、自身の年齢を下回る事で、プロ選手にさえも「生涯に一度はやってみたい」と言わしめる程、困難とされる「夢の記録」ともいわれている。とりわけゴルフの腕前以上に健康的な衰えにも打ち克たなければ達成できない記録のため、昨秋以降の「AS」については万全を期して臨んだ様子。屋外でのプレーとなるゴルフは「3つの密」に相当しないが、クラブハウスでの検温やマスク着用などコロナ禍ならではのルールをしっかりと順守。「プレーできることに感謝しながら」(本人談)、基本的にマイペースで記録を伸ばしてきたという。

 そんな中、都内での自粛要請も緩和された7月1日、「AS400回」「同500回」をマークしたゲンの良い「よみうりゴルフ倶楽部」(稲城市)で堂々「78」(前半39、後半39)のスコアをマーク。コロナ禍と上手に共存しながら600回の大台に到達した。

真摯な姿勢、貫く

 「ゴルフはスタートする前からスコアが決まっているんですよ」と田中さん。日頃から自分を厳しく律し、プレーに真摯な姿勢で臨んできただけに、コロナ禍という逆境下、戸惑うことなく黙々と歩を進め辿着いた境地に「感慨一入」といった笑顔をみせていた。

高津区版のローカルニュース最新6

前・元・新の3氏が出馬表明

神奈川18区

前・元・新の3氏が出馬表明 政治

31日投開票の衆院選

10月15日号

現新、一騎打ちか

川崎市長選

現新、一騎打ちか 政治

10月31日投開票へ

10月15日号

自転車競技で全国制覇

高津区出身今成研汰さん

自転車競技で全国制覇 スポーツ

橘中OB、高校最後に栄冠

10月15日号

「あーすフェスタ」再び

「あーすフェスタ」再び 文化

区内の関係者も感慨一入(ひとしお)

10月15日号

「まちづくり」で連携へ

「まちづくり」で連携へ 社会

区とフロンターレが協定

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook