高津区版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

高津警察署 防げ「2度目のクラスター」 地元企業が抗菌施工

社会

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena
抗ウイルス施工の作業の様子
抗ウイルス施工の作業の様子

 高津警察署(三鬼洋二署長)は11月5日、地元企業からの申し入れを受け入れ建物内の抗菌や防臭・抗ウイルス加工を実施した。同署では今年9月中旬、新型コロナウイルス感染症の「クラスター」(集団感染)が起き、対応に苦慮した経緯があり、現在は2度目の発生を防ぐべく懸命に対策に当たっている。

 この日、高津警察署内の抗菌・防臭・抗ウイルス加工を無償で手掛けたのは区内・溝口にある「川崎コミュニケーションズ有限会社」(伊藤博幸代表取締役)。同社は、政府の緊急事態宣言で休館を余儀なくされた「高津スポーツセンター」でも同様の施工を手掛けており(本紙8月14日号・既報)、長引くコロナ禍の下、一般家庭や公共施設などで実績を積み重ねている。

 一方、高津警察署では9月中旬、署員が新型コロナウイルス陽性と判明。その後の検査で計12人の感染が確認され「クラスター(集団感染)」と報じられた。

 同署は当時感染拡大を防ぐため、濃厚接触者を中心に署長や副署長を含む約130人を自宅待機にしたほか、緊急性の低い業務を一時的に見合わせるなど対応に追われてきた。その後は外部からの来署者に対応する際などにはビニール製の仕切りを設置したり、署員にはPCR検査の受診を促すなど2度目のクラスター発生を未然に防ぐ動きを本格化。今回、地元企業からの無償抗菌施工の申し出を受け入れたのも、寒波到来と共にいわゆる「第三波」の懸念が現実味を帯びる中「備えをより万全にする狙いがあったのでは」(伊藤代表)とみられている。

「今後も対策、万全に」

 5日に行われた施工作業では、署内各部署はもちろん、トイレ等の建物内設備や多くの区民も足を運ぶ「優良運転者講習室」など、外部からの来署者が頻繁に利用するスペースなどにも入念に抗ウイルス加工が施された。高津署では、目では見えないウイルスとの闘いにおける地元企業からの”助っ人サポート”に感謝の意を述べると共に「今後も(感染症対策に)全力で取り組んでいきたい」と話している。

作業完了を示すステッカー
作業完了を示すステッカー

6月末まで謝恩キャンペーン中!

時計バンドが30%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

高津区版のトップニュース最新6

男子高生がアロマ事業

坂戸在住高橋さん

男子高生がアロマ事業 経済

企画・開発から着手

6月18日号

解き明かす「大地の暗号」

日本地名研究所

解き明かす「大地の暗号」 文化

設立40周年、企画展も

6月18日号

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

課題解決へ新たな力

たかつ若者ミライ会議

課題解決へ新たな力 社会

「まち協」内に組織発足

6月11日号

「体験重視の寺子屋」広がる

NPO法人SELF

「体験重視の寺子屋」広がる コミュニティ教育

実績活かし2校目、開講へ

6月4日号

リノベ複合施設竣工へ

NTT溝ノ口ビル

リノベ複合施設竣工へ 社会

地域色前面、「集える場」に

6月4日号

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter