高津区版 掲載号:2021年5月28日号 エリアトップへ

等覚院 地域巡る「お不動さん」 28日護摩焚きへ

文化

掲載号:2021年5月28日号

  • LINE
  • hatena
手を合わせる亀ヶ谷さん=24日
手を合わせる亀ヶ谷さん=24日

 つつじ寺として知られる神木山(しぼくさん)等覚院(中島有淳住職)=宮前区=の本尊である不動明王像を年に一度、信仰する地域住民で持ち回る風習がある。4月から始まり、5月24日には梶ヶ谷に到着した。

 近隣地域で「神木のお不動さん」として親しまれる同寺。開山の歴史は古く、東京や横浜からの講中でにぎわっていたという。「その講中らが縁起を担いで、お不動さんの巡行を始めたのかもしれない」と、同寺の中島磯乃さん。不動明王の巡行先が記された勧進帳には「文久2(1862)年」や、「宮益坂」(東京都渋谷区)、「鶴見」(横浜市)などの地名もあり、古くから広範囲を巡っていた記録が残っている。昔は1年中巡っていたとされるが、持ち回り先も減り、現在はこの時期のみ行われている。

「またお会いできて感謝」

 24日、梶ヶ谷の亀ヶ谷栄一さん宅に到着した不動明王像は、妻の悦子さんの手で迎え入れられた。悦子さんは花を供え線香を上げると「1年ぶりです。またお会いすることができて本当に感謝」と手を合わせた。昔は食事を用意し、送り込みに来た人の接待もしていたというが、今は玄関先での受け渡しのみに。嫁いで50年以上になり、親戚から「まだ続けているの」と驚かれることもあったというが「親の代から手伝ってきたので、今後もつなげていけたら」と話す。

 不動明王像は28日に等覚院に戻り、同寺で送り込みの「不動明王護摩供修行」が行われる。
 

高津区版のローカルニュース最新6

「ヤングケアラー知って」

【Web限定記事】川崎市内の支援従事者が講演

「ヤングケアラー知って」 社会

25日、オンラインで

7月23日号

水族館で夏祭り

カワスイ

水族館で夏祭り 文化

企画展 9月23日まで

7月23日号

「涼しさの秘密」学んだよ

末長小出張授業

「涼しさの秘密」学んだよ 教育

富士通ゼネラルが講師に

7月23日号

「伝統の企画」に新機軸

ムサシボウル「店内大会・結果」

「伝統の企画」に新機軸 スポーツ

「撃破賞」追加で、より白熱

7月23日号

「再エネ」一堂に

「再エネ」一堂に 社会

ノクティでパネル展

7月23日号

英国代表、市民と交流

東京五輪ラグビー男子

英国代表、市民と交流 スポーツ

等々力で練習初公開

7月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter