川崎区・幸区版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

川崎市 マスク34万枚を配布 医療機関、児童施設などへ

社会

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena
マスクが不足する医療現場
マスクが不足する医療現場

 川崎市は13日、新型コロナウイルス感染症対策のため、備蓄するマスク34万1千枚を市内の医療機関や児童施設に配布を始めた。医療機関には、医師会や歯科医師会、病院協会などを通じ、マスクが不足する施設へ計20万枚を配布。児童施設は、保育所、幼稚園、わくわくプラザ、こども文化センターなど約千施設が対象。1施設あたり100枚を基準に、郵送か手渡しで順次配布する。

 配布するマスクは、感染症の流行時などに備え、市役所の機能や業務の継続を目的に備蓄しているもの。 2009年に新型インフルエンザが流行して以降、市は必要業務に携わる職員が使用する3週間分を想定し約93万枚を備蓄。市危機管理室の担当者は「今回は緊急措置として市内への配布を決めた」と話す。

 市認定保育園の園長は「新型コロナとは関係なく保育士にはマスク装着を義務づけている。不足分は保護者からの寄付で賄ってきた」と訴え、市内の歯科医は「マスクの在庫が少なく滅菌処理し再利用している。配布はありがたい」と話した。

株式会社サニクリーン東京

【契約社員募集中】女性が大活躍中の職場です!お気軽にお問合せください

https://www.sanikleen-tokyo-recruit.info/contact.html

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

市立小学校8校で新入学児童に交通安全呼びかけ

【Web限定記事】

市立小学校8校で新入学児童に交通安全呼びかけ 社会

川崎区中央地区交通安全母の会がキャンペーン

4月16日号

篠山選手 2千得点

【Web限定記事】川崎BT

篠山選手 2千得点 スポーツ

B1通算、とどろきで達成

4月16日号

特殊詐欺を未然に防いだ2人に川崎警察署が感謝状贈呈

事故ゼロめざし、啓発

事故ゼロめざし、啓発 社会

春の交通安全運動

4月16日号

初めてのラグビー体験

初めてのラグビー体験 スポーツ

4月24日、富士通スタで

4月16日号

「上乗せ徴収」基準示す

「上乗せ徴収」基準示す 社会

市、認可園に通知

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter