川崎区・幸区版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

川崎市差別禁止条例 解釈指針を発表 具体的言動などを例示

社会

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena
文教常任委員会で説明する市職員
文教常任委員会で説明する市職員

 川崎市は3月16日、公共の場所で外国人や外国出身者に対して悪質なヘイトスピーチを繰り返し行った場合、50万円以下の罰金を科すことなどを盛り込んだ「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」の解釈指針を発表した。

 同条例は、人種、国籍、民族、信条、年齢、性別、性的指向、性自認、出身、障害などを理由とした不当な差別を禁止する。昨年12月議会で可決・成立し、今年7月1日に全面施行する。

 解釈指針は5章24条からなる同条例について、条文ごとにその趣旨や解説を記す。市は「条例で取り組む内容を理解するための一助」と意義を強調する。

 ヘイト言動では「〇〇人を川崎から叩き出せ」「〇〇人から□□地区を取り戻せ」「〇〇人は殺されても仕方がない」「ウジ虫〇〇人」などを例示する。市によると、個別具体の言動について実際の運用では「言動の背景、前後の文脈、趣旨など諸事情を考慮して総合的に判断する」としている。

 公共の場所としては、道路や公園、広場、屋根のある公共通路などをあげる一方、日常における言い争いや会員のみの会合などは、基本的な対象から外した。

 ヘイトスピーチが繰り返し行われた場合、市長は、学識経験者で構成する市長の付属機関として設ける川崎市差別防止対策等審査会の意見を聴いたうえで「勧告」し、それでも従わない場合「命令」する。同様の違反行為が3回確認されると、氏名や住所などを「公表」、「罰金」を科す。

 16日の市議会文教常任委員会では、審査会の委員の安全確保をどのように担保するのかといった意見が出された。また、教育啓発の際のマニュアルの必要性をあげる声も聞かれた。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

親子カフェの灯消さない

幸区盛り上げ隊

親子カフェの灯消さない 社会

前オーナーの志を継承

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

インターアクト結成

市立川崎高校

インターアクト結成 教育

川崎RCがスポンサーに

4月2日号

コロナ対応に力点

川崎商議所新年度事業

コロナ対応に力点 経済

WEB上経営支援など10事業

4月2日号

性暴力根絶へ 地元から

フラワーデモ川崎

性暴力根絶へ 地元から 社会

市内初、「ともに寄り添う」

3月26日号

最終2作品 出そろう

三角おむすびレシピコン

最終2作品 出そろう 文化

4月4日、稲毛公園で決戦

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク