川崎区・幸区版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

川崎市差別禁止条例 解釈指針を発表 具体的言動などを例示

社会

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena
文教常任委員会で説明する市職員
文教常任委員会で説明する市職員

 川崎市は3月16日、公共の場所で外国人や外国出身者に対して悪質なヘイトスピーチを繰り返し行った場合、50万円以下の罰金を科すことなどを盛り込んだ「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」の解釈指針を発表した。

 同条例は、人種、国籍、民族、信条、年齢、性別、性的指向、性自認、出身、障害などを理由とした不当な差別を禁止する。昨年12月議会で可決・成立し、今年7月1日に全面施行する。

 解釈指針は5章24条からなる同条例について、条文ごとにその趣旨や解説を記す。市は「条例で取り組む内容を理解するための一助」と意義を強調する。

 ヘイト言動では「〇〇人を川崎から叩き出せ」「〇〇人から□□地区を取り戻せ」「〇〇人は殺されても仕方がない」「ウジ虫〇〇人」などを例示する。市によると、個別具体の言動について実際の運用では「言動の背景、前後の文脈、趣旨など諸事情を考慮して総合的に判断する」としている。

 公共の場所としては、道路や公園、広場、屋根のある公共通路などをあげる一方、日常における言い争いや会員のみの会合などは、基本的な対象から外した。

 ヘイトスピーチが繰り返し行われた場合、市長は、学識経験者で構成する市長の付属機関として設ける川崎市差別防止対策等審査会の意見を聴いたうえで「勧告」し、それでも従わない場合「命令」する。同様の違反行為が3回確認されると、氏名や住所などを「公表」、「罰金」を科す。

 16日の市議会文教常任委員会では、審査会の委員の安全確保をどのように担保するのかといった意見が出された。また、教育啓発の際のマニュアルの必要性をあげる声も聞かれた。

ご葬儀のセレモニアグループ

新しい生活様式に合わせたご葬儀をご提案します

https://www.sano-sousai.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

裵さん、山内さん受賞

裵さん、山内さん受賞 社会

川崎市文化賞、社会功労で

9月25日号

施行3カ月 効力に課題

川崎市反差別条例

施行3カ月 効力に課題 社会

続く街宣活動、ネット中傷

9月25日号

香辛子の普及が加速

川崎発祥

香辛子の普及が加速 社会

レシピコン開催へ

9月18日号

バスケで挑め「SDGs」

Bリーグ川崎BT

バスケで挑め「SDGs」 スポーツ

市と協定 健康など3本柱

9月18日号

苦難乗り越え、開催へ

はいさいFESTA

苦難乗り越え、開催へ 文化

事前予約制で密避ける

9月11日号

等々力球場 10月「開幕」

等々力球場 10月「開幕」 スポーツ

ハマスタ以上、県内最大

9月11日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク