神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2021年8月27日 エリアトップへ

大島三丁目子ども会野球部 OB緒方選手の活躍刺激 関係者語る才能の片鱗

スポーツ

公開:2021年8月27日

  • LINE
  • hatena
大島三丁目時代の緒方選手=浦田幸延さん提供
大島三丁目時代の緒方選手=浦田幸延さん提供

 高校野球の第103回全国選手権大会の1回戦で逆転サヨナラ本塁打を放ち、地元を沸かせた横浜高校1年生の緒方漣選手は川崎区の大島三丁目子ども会野球部出身。緒方選手の祖父やチーム関係者が在籍時を語った。

 祖父浦田幸延さん(67)によると、緒方選手は3歳の時からボールを持ち、同チームに入部した兄や姉に連れられて練習場に顔を出したという。いつしか交じって練習するようになり、1年生で入部。3年生までプレーした。1年生からレギュラーとして活躍し、自ら志願しショートを守った。村田正夫総監督(65)は「背は小さいが、打球に向かう一歩の早さや野球感はずば抜けていた」と振り返る。甲子園での遊撃手としての堅実なプレーの片鱗も垣間見えていたという。

 コーチを務める蓑上武志さん(39)と同チームの副キャプテンを務める息子・瑛大さん(12)は、明け方4時頃からボールを持って公園に出かけたり、夜中練習する姿が印象に残る。「うまくなりたいという思いが当時から伝わってきた」と語る。

 緒方選手の活躍に後輩たちも刺激を受けている。試合をテレビ観戦した副主将の小澤琉生さん(11)は「緊張するのではと思ったけど、落ち着いてしっかり守備をしていた。2戦目は負けたけど、ヒットを2本も打ってすごい」と感心。主将を務める船橋真輔さん(11)は「1年生でもホームランを打てる力に驚いた。自分も甲子園を目指したい」と語った。

 小澤嶺監督(37)によると、今年春の選抜で優勝した東海大相模高の石川永稀投手も同チームの出身者だという。チームはコロナ禍で思うように練習ができない中、卒業生の活躍がモチベーションになり、部員集めにも弾みがつく」と話す。緒方選手や石川選手らに対しては「後輩たちのためにも1回顔を出していただきたい」と語る。チームは今週末、川崎市学童軟式野球川崎区大会1回戦に臨む。

刺激を受ける後輩たち
刺激を受ける後輩たち

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

仲間と歌いつなぐエール

能登半島地震復興ソング

仲間と歌いつなぐエール

市長や市議も「個人」で参加

4月12日

誘客拡大のヒント探る

川崎商議所

誘客拡大のヒント探る

スポーツ、観光事業者が意見交換

4月12日

公示価格、上昇幅が拡大

公示価格、上昇幅が拡大

川崎区は商業地が8%以上

4月5日

市民の「誇り」向上

川崎市イメージ調査

市民の「誇り」向上

「来訪推奨度」は過去最高

4月5日

マップで自慢の味紹介

川崎駅前商業者ら

マップで自慢の味紹介

国内外の宿泊客にPR

3月29日

南渡田から事業開始

JFEスチール

南渡田から事業開始

京浜地区土地利用転換

3月29日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook