川崎区・幸区版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

市政報告 下水道計画「5年確率降雨量52mm」100年前の降雨実績による設定のまま みらい川崎市議団 たむら 京三

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena

 上下水道事業中期計画では、「雨水量に関しては、気候変動により雨の降り方が変化しており、局地的な大雨の発生回数が増加しています。本市全体における1時間降水量50mm以上の発生日数についても、増加傾向にある」と示されています。そんな中、下水道施設の老朽化が課題とされ、再構築にあたっては、適正な施設規模に見直すことが重要です。雨水量の検討には、降雨量と雨水流出係数が大きく影響します。本市の既定計画、5年確率、時間雨量52mmは、いつ設定されたのか?また、近年は都市化が進んでいるので、設計上の雨水流出係数と現状に乖離がないのか質問しました。上下水道局は、『昭和6年からの雨水整備の着手にあたり、本市に最も近い横浜地方気象台における大正元年から大正10年の10年間の降雨記録のうち、第2位の数値に基づき、5年に1回程度の降雨として時間雨量52mmを設定したものです。雨水流出係数については、下水道へ流出する量の割合を50%から70%と設定していますが、計画値を上回っている区域もある』との答弁。100年前の降雨記録に基づき、5年確率の降雨量を設定し、現在も計画に位置付けられているとのことです。私自身、市職員時代に気が付くことができず、見直しの提案ができなかったことに反省しています。近年は、地球温暖化による気候変動の影響で、局地的な豪雨の発生回数が増加しています。5年確率降雨量の表現は、近年の状況と市民の誤解を招きます。次期、下水道ビジョン策定に向けて、現状を再確認し、大幅な見直しをした上で計画を策定するよう指摘をいたしました。

田村 京三

川崎市川崎区宮本町1

TEL:044-200-3355

https://kyozo-tamura.com

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

通学路の危険な箇所への対策を!

市政報告

通学路の危険な箇所への対策を!

みらい川崎市議団 たむら 京三

8月5日号

「川崎市八ヶ岳少年自然の家」の老朽化対策について

「川崎市八ヶ岳少年自然の家」の老朽化対策について

45年目を迎え再編整備基本計画策定へ

7月29日号

物価高に対応!

県政報告

物価高に対応!

〜生活者と事業者を守る補正予算〜県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

7月22日号

安全・安心な交通環境の確保に向けて

市政報告

安全・安心な交通環境の確保に向けて

川崎市議会議員 本間 賢次郎

7月15日号

通学路の安全対策は十分か

市政報告

通学路の安全対策は十分か

川崎市議会議員(川崎区)みらい川崎市議団 林としお

7月8日号

下水道計画「5年確率降雨量52mm」100年前の降雨実績による設定のまま

市政報告

下水道計画「5年確率降雨量52mm」100年前の降雨実績による設定のまま

みらい川崎市議団 たむら 京三

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook