さがみはら中央区版 掲載号:2017年10月26日号
  • googleplus
  • LINE

衆院選14区 小選挙区は赤間氏勝利 希望・本村氏も比例復活

政治

 第48回衆議院議員総選挙が22日に投開票され、神奈川14区(相模原市中央区、南区・緑区の一部)は自民党前職の赤間二郎氏(49)が当選を果たした。希望の党公認の本村賢太郎氏(47)も重複立候補した比例で復活当選し、前職が議席を死守。共産党の中野渡旬氏(69)は及ばなかった。

 自民、希望、共産の3極による争いとなった14区。前回に続き接戦となったが、小選挙区では10万5953票を獲得して赤間氏が議席を守った。

 赤間氏は支援者を前に「14区は接戦になるという下馬評だったが、まさにその通りの選挙だった。みんなで勝ち取った勝利。現職の副大臣として、小選挙区で勝たなければならなかった。全身全霊で職務を果たしていきたい」と力強くあいさつした。

衆院選14区投票率は低調

 民進党の方針に従い希望の党公認となった本村氏は、前回に続き比例復活を果たした。本村氏は「逆風の中、前回より1万票以上も得票を伸ばせたのは、ひとえに皆様のおかげ。3期目も相模原の力となるために力を尽くしていきたい」と気を引き締めた。

 共産党の中野渡氏は23日、本紙の取材に対し「残念ながら議席には届かなかったが、前回よりも得票数、得票率を伸ばすことができた。今後も野党共闘を目指して努力していく」とコメントを寄せた。

 14区の投票率は小選挙区、比例代表とも51・63%。16区も含めた市全体の投票率は51・95%で、市選挙管理委員会によると1996年の衆院選(小選挙区51・11%、比例代表51・09%)に次ぐ低さだった。区ごとの比較では小選挙区、比例代表共に中央区が最も低い49・92%。一方、期日前投票には14区全体で、2003年の施行以降最多となる7万5674人が訪れた。

介護スタッフ募集中

県内146施設を展開中の当社で働きませんか

https://jala.co.jp/

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

コース決定、市内走行へ

東京五輪ロードレース

コース決定、市内走行へ

8月23日号

「観客の喜びがやりがい」

相模煙火店出頭さん夫妻

「観客の喜びがやりがい」

8月23日号

市、職員派遣し災害支援

西日本豪雨被害

市、職員派遣し災害支援

8月16日号

市の正答率、平均を下回る

全国学力テスト

市の正答率、平均を下回る

8月16日号

市民とも交流、友好深まる

ブラジル選手団来相

市民とも交流、友好深まる

8月9日号

山を愛して半世紀

緑区佐野川在住小池さん

山を愛して半世紀

8月9日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク