さがみはら中央区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

相模原市立博物館レポvol.12 相模原の幕末・維新の痕跡 歴史担当学芸員 木村弘樹

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena
「新磯学校木扁額」と「上溝学校木扁額」
「新磯学校木扁額」と「上溝学校木扁額」

 勝海舟、榎本武揚、三条実美…これらの幕末・維新のヒーローの名を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。実は、こうした幕末・維新の英雄たちが関わった文化財が、意外にも相模原にもあります。そこで、今年が明治150年にあたることから、市立博物館では、明治150年関連企画展「相模原にもある幕末・維新のヒーローたちの痕跡」を10月21日(日)まで開催しています。

 イチオシの展示物は、榎本武揚書の「新磯学校木扁額」と三条実美書の「上溝学校木扁額」(いずれも市登録文化財)です。榎本武揚は五稜郭で戦った旧幕府方のリーダーで、一方の三条実美は維新後に太政大臣にもなった新政府方の重要人物です。今回の企画展では、この旧幕府側と新政府側の二人の両雄の校名額を、初めて並んで展示致します。

 また、剣術の達人でもあった勝海舟が、現在の緑区葉山島に道場を開いた弟子に与えた「直心影流関係資料」や、西郷隆盛、山岡鉄舟書の掛け軸などの展示の他、徳川慶喜書の「清兵衛新田開墾記念碑」などを写真パネルで紹介します。

 展示会場の後半では、幕末・維新期の市内の歴史にかかわる資料を多数展示します。注目は、慶応3年(1867年)に江戸城内で使われたと考えられる諸大名の概略が記された「蓮乗院の順席」(市指定文化財)で、この「順席」という資料は国内でも2例しか残っていません。

 この企画展により、歴史がないといわれがちな相模原にも貴重な文化財等が多くあることを知っていただき、郷土への愛着を深めてもらう機会になれば幸いです。

 ■相模原市立博物館(高根3の1の15)【電話】042・750・8030
 

<PR>

さがみはら中央区版のコラム最新6

連載漫画「自閉症っ子日記」第9話

連載漫画「自閉症っ子日記」第8話

闇が保つ都市の生物多様性

相模原市立博物館レポvol.15

闇が保つ都市の生物多様性

生物担当学芸員 秋山幸也

6月13日号

連載漫画「自閉症っ子日記」第7話

楽しく学べる考古企画展を今年も

相模原市立博物館レポvol.14

楽しく学べる考古企画展を今年も

考古担当学芸員 中川真人

4月4日号

連載漫画「自閉症っ子日記」第6話

連載漫画「自閉症っ子日記」第5話

あっとほーむデスク

  • 10月17日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

宇宙の今を知ろう

宇宙の今を知ろう

11月 JAXA特別公開

11月2日~11月2日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク