さがみはら中央区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

改革の一丁目一番地。 意見広告 まずは議員自らが身を切る改革を!! 市民目線で訴える こさわ隆宏

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena

 議員や首長が自らの立場や身分を十分に保障しておきながら、一方で財政のひっ迫を理由に市民に負担を強いても絶対に理解は得られません。市民の皆様に負担をお願いするのであれば、まずは政治家自らが身を切る姿勢を示さねばなりません。

 そこで私は何よりも先に、身を切る改革、具体的には「議員定数の削減」と「議員報酬の削減」、さらに「任期数と年齢による定年制の導入」を提案します。議員定数については前回の市議選から3名が削減されましたが、引き続き多数による合議制の利点と削減の必要性のバランスについて慎重に検討していくと共に、議員報酬については2割程度の削減を目指すべきです。議員の定年制については、例えば「5期20年以上の任期を務め、なおかつ70歳以上に達した議員」に、次の選挙において立候補しない努力義務を課す条例の制定などが必要と考えます。

 私はこの約10年間に取り組んできた日頃の地域活動の経験を通じ、住民一人ひとりがまちづくりに主体的にかかわることの大切さを強く感じています。またさらに、現在普通に仕事をしながら3人の子どもを育てる「子育て世代」「責任世代」としての自覚をもち、地域と一体で私たちの相模原をより良い形で次世代に引き継ぐべく市民目線で改革を推し進めていくべきと考えます。
 

小澤 隆宏

相模原市中央区富士見5-13-11

TEL:042-810-0001

さがみはら中央区版の意見広告・議会報告最新6

県政の課題を問う

県政報告Vol.39

県政の課題を問う

自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

10月31日号

県政の課題を問う

県政報告Vol.38

県政の課題を問う

自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

8月1日号

女性の視点で生命・身体・財産を守る―安全・安心なまちづくりを

奏でよう!輝く未来を!新時代の幕開けとともに

奏でよう!輝く未来を!新時代の幕開けとともに

自民党相模原 はっとり 裕明

5月16日号

県政の課題を問う

県政報告Vol.37

県政の課題を問う

自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

5月1日号

県政の課題を問う

県政報告Vol.36

県政の課題を問う

自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

3月28日号

あっとほーむデスク

  • 11月21日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク