さがみはら中央区版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

衆院選神奈川14区 自民対立民の構図か 相模原エリアの情勢探る

政治

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena

 次期衆議院議員総選挙は、任期満了を迎える今年10月までに実施される。一方で解散の時期としては、3月末の予算成立後や7・8月の東京五輪開催前後などが取り沙汰されている。神奈川14区(中央区、緑区・南区の一部)では、自民対立民の激しい選挙戦が予想される。    

              ※3月1日起稿

自民・赤間氏

 14区では、2012年以降、自民党の赤間二郎氏(52)が小選挙区で続けて議席を獲得している。赤間氏は相模原市生まれで、1999年の県議会議員選挙で初当選。県議2期目の2005年に衆議院選挙に当選、現在4期目。中央・南・緑区の地元選出の自民党市議・県議による連合支部「さがみはら自民党」の代表を務めており、同党は総選挙に向け一枚岩となって準備を進めている。

立民・長友氏

 一方、野党側では、比例復活で議席を持っていた旧民主党系の本村賢太郎氏(50)が19年の相模原市長選に出馬・当選。その後、本村氏の後継候補者が決まらず空白となっていたが、新生立憲民主党は昨年11月、旧国民民主党で市内緑区選出の県議会議員・長友克洋氏(50)を衆院選候補予定者として擁立することを決めた。長友氏は相模原市生まれ。衆議院議員だった藤井裕久氏の公設秘書などを経て1999年に相模原市議に初当選。2期務めた後、県議に当選し、現在は4期目を迎えている。

 赤間氏は本紙の取材に対して、現職としての今後の政治活動に関して、「新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の円滑な実施、コロナ禍で影響を受けている事業者への支援の拡充と、経済再生への確かな道筋に注力する」とのコメントを出した。一方で、長友氏は「コロナの収束が見えない中、地域や現場の声を聞き、国、県、市へ届ける活動を最優先にしている。国民の困っている(状況)への対応と収束後の未来を示すのが政治の役割」とコメントした。

 14区では前回衆院選時、共産党も候補者を擁立したが、次期衆院選について日本共産党北部地区委員会は「野党共闘により、政権交代と党の躍進をめざすという方向性に変わりはない」とコメントしている。
 

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

全ての人に「美」で幸福を

全ての人に「美」で幸福を 社会

美容室 〜sora〜

4月22日号

矢部で無料学習塾

矢部で無料学習塾 教育

毎土曜 NPO法人が開催

4月22日号

重工、プレーオフ初戦突破

ラグビー

重工、プレーオフ初戦突破 スポーツ

マイケル・リトルが2トライ

4月22日号

日本画を学ぼう

日本画を学ぼう 文化

西門そばで体験型講座

4月22日号

五輪を盛り上げよう

五輪を盛り上げよう スポーツ

2会場でポスター展示

4月22日号

家族で酒米を作ろう

家族で酒米を作ろう 経済

参加募集 青根の田園

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 縄文人の生活を探る 考古企画展

    相模原市立博物館レポvol.22

    縄文人の生活を探る 考古企画展

    「変化の時代を生きた縄文人 相模原市域の縄文時代中・後期文化」考古担当学芸員 長澤有史

    4月22日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter