さがみはら中央区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

7年ぶりに東都1部リーグに返り咲いた青山学院大学硬式野球部で主将を務める 泉口(いずぐち) 友汰さん 淵野辺在住 21歳

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena

「戦国東都」で日本一へ

 ○…昨年の東都大学野球の秋季2部リーグで優勝し、7年ぶりの1部復帰を果たした。個人でも堅実な遊撃手として同リーグで最高殊勲選手に選ばれるも「おまけみたいなもの。優勝できたことが一番うれしい」とチームを誇る。「戦国東都」と呼ばれるほど熾烈なゲームが繰り広げられる1部での戦いは30日の東洋大戦で幕を開ける。

 ○…和歌山県出身。兄が少年野球のクラブに入っていたことから幼稚園卒園と同時にバットを握った。放課後に友達と遊びに行くことは少なく、クラブで練習に明け暮れる日々を過ごした。大阪桐蔭では監督に「過去最弱」と言われながらも、同期とともに3年生で出場した春の選抜大会で優勝をつかんだ経験が今も糧になっている。「弱いなりに団結することの大切さを身に染みて感じた」。東都でプレーする憧れを胸に、中学時代のチームメイトであり、昨年主将の西川藍畝(らんせ)選手を追う形で青山学院大学に入学した。

 ○…高校から寮生活と実家を離れるのが早かったが、たまの休みには帰省し、3歳と1歳の甥っ子と会うのが癒しとなっている。相模原では、大学近くの中華料理店「新興軒」で大盛りの定食を食べる過ごし方が定番。「寮ではチームメイトとゲームで対戦しています」とはにかみ、学生らしい一面も見せる。

 ○…11月に主将に抜擢されてから目標に掲げるのが「負けないチームを作る」。コロナ禍にあっても休まず、いつも通りの自主練習を積み重ねて優勝を果たした昨年を土台に、さらに飛躍しようと「めざす権利を得たからには日本一になりたい」と言葉にも熱がこもる。数々のプロ選手を輩出した、名門復権に向けて神宮に舞い戻るチームの核は、ただまっすぐ頂点だけを見据えている。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

奥山 憲雄さん

このほど星が丘地区の散策地図「発見・探検・散さくマップ」を作成した

奥山 憲雄さん

星が丘在住 74歳

4月8日号

高橋 美保さん

今年で5年目を迎える「手作りマルシェフェスティバルin淵野辺」を立ち上げた

高橋 美保さん

淵野辺在住 54歳

4月1日号

泉口(いずぐち) 友汰さん

7年ぶりに東都1部リーグに返り咲いた青山学院大学硬式野球部で主将を務める

泉口(いずぐち) 友汰さん

淵野辺在住 21歳

3月25日号

マジシャン SINさん(本名:飯島 健太)

マジックショーを無料配信、マジシャン育成にも尽力する

マジシャン SINさん(本名:飯島 健太)

中央区在住 34歳

3月18日号

池田 宗道さん(本名:池田直道)

インターネット上で文化芸術支援コンサートを主催した相模原市文化協会会長の

池田 宗道さん(本名:池田直道)

南区豊町在住 75歳

3月11日号

山田 龍さん

「けん玉先生」の資格を生かし、精神保健福祉の普及をめざす

山田 龍さん

上矢部在住 51歳

3月4日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.48

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本文雄(かわもとふみお)

    4月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter