ホーム > さがみはら南区版 > 人物風土記 > 冨永 愛さん

さがみはら南区

日本を代表するトップモデル

冨永 愛さん

橋本高校(緑区橋本)出身 
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

VOGUEの少女”母の輝き”

 ○…生まれたての「かわいさ」を保ち、自分なりに「きれい」を学び、そして、子育て・仕事を通し「かっこよさ」を身につけていく。女性は出世魚のように進化するそうだ。まさにその「かっこいい女性」のど真ん中。13年前からランウェイモデルとして活躍。ママとして6歳児を育てながら、現在はラジオDJやテレビ出演など活動の幅をさらに広げる。

 ○…小学5年生のときから「橋本」で過ごした。橋本小、旭中、そして橋本高校と、学校は地元づくし。やはり小さい頃から背が高く、みんなで並ぶと「いつも一番後ろ」。中2のときには175cmを超えたそう(現在は179cm)。しかし、それはコンプレックスでもあった。「モデルになることで克服できました」。中3で、雑誌デビュー。そして、高校2年で海外にも進出。ヴォーグ誌に掲載された制服姿の写真は、ファッション業界に衝撃を与えた。「あれは”橋高(はしこう)”の制服なんですよ」。

 ○…インタビュー中、何度か「努力が大事」と繰り返した。天性のスタイルで、世界の華やかな舞台を歩んできた人物からの意外なフレーズ。「苦労しないと成長しない。モデルをしていて良かったと思えるのはそういう部分ですね」。ラジオのレギュラー番組から聞かれる流暢な英語は、学校ではなく社会に出てから学んだもの。「キレイに歩くコツですか?簡単に教えられるものじゃないんですよ。でも姿勢を良くすることは大切ですね」。

 ○…お産の病院といってもあるのは、はさみとバケツだけ。一昨年からアフリカの妊産婦を支援する活動を行っている(国際協力NGOジョイセフアンバサダー)。実際に現地を訪れ、そこで出産をした女性と話した。炎天下の地で乳児に毛布をぐるぐる巻いている。「それだけ大事な命なんだなって。日本は安全だから、命が軽く見られがち。その大切さを世界に伝えたい」。あの日の雑誌の少女は、すっかり母の輝きに溢れていた。
 

関連記事

powered by weblio


さがみはら南区版の人物風土記最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク

  • さがみはら中央区
  • さがみはら南区
  • さがみはら緑区
  • 町田