さがみはら南区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

9月5日付で相模原南警察署の新署長に就任した 小野 正男さん 相模大野在住 59歳

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena

「街を照らす灯に」

 ○…「我々の仕事は、南区民のためにある」。着任日、あらためて署員に呼び掛けた。「それがやりがい、誇りだと伝えている」。自身が考える警察活動の原点は「見守ること」。愚直な日々のパトロール、啓発運動といった「一隅を照らす」活動の積み重ねが地域の信頼を得て、やがて大きな灯りとなっていく。「そして、防犯や交通安全に従事するボランティアの方々の協力が不可欠。本当に頭が下がる思い。皆さんと連携して、犯罪を起こしにくい安全で明るい街をつくっていきたい」

 ○…新潟県出身。街歩きを好み、時間を見つけては区内各地を探訪する。「街を知らないと仕事にならないし、地図を見ただけじゃ分からない」。相模大野や古淵の商業施設はもちろん、木もれびの森や麻溝公園などにも、バスや自転車を使い足を運ぶ。南区の特徴である都市と自然のバランスは「どことなく故郷と似ている」という。

 ○…横浜市、川崎市での巡査勤務や機動隊勤務を経験したほか、県警本部の地域生活安全部門、生活安全総務課等を歴任。少年の健全育成や犯罪抑止のための活動に心血を注ぎ、インターネットの普及による若年層のいじめ、高齢者を狙う特殊詐欺といった時代ごとの社会問題と向き合ってきた。正義のために働いたこれまでの警察人生を振り返り「この職業を選んだことは幸せ」と胸を張る。

 ○…南署で昨年開設された短文投稿サイト「ツイッター」の登録者数は、2300人を越えた。「引き続きSNSでの不審者情報等の発信に力を入れていく」。加えて、管内では交通事故減と振り込め詐欺の抑止が喫緊の課題。「警察人生の集大成として事件・事故を1件でも多く減らし、区内の治安を守りたい」。穏やかな口調のなかに、貫いてきた信念を見せた。

さがみはら南区版の人物風土記最新6

甲斐田 博高さん

70歳を過ぎても市内の小学校で担任を持ち教壇に立ち続ける

甲斐田 博高さん

下溝在住 71歳

10月29日号

石井 茂さん

2020年度の消防庁長官表彰を受けた

石井 茂さん

中央区東淵野辺在住 59歳

10月22日号

磯野 正彦さん

9月に相模原南警察署の署長に就任した

磯野 正彦さん

相模大野在住 58歳

10月15日号

萩原 真澄さん

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた

萩原 真澄さん

中央区高根在住 57歳

10月8日号

浅利 昌男さん

学校法人麻布獣医学園の第16代理事長に就任した

浅利 昌男さん

町田市在住 68歳

9月24日号

江成 二郎さん

相模原市商店連合会の会長に就任した

江成 二郎さん

中央区中央在住 63歳

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク