さがみはら緑区版 掲載号:2017年5月18日号 エリアトップへ

児童の放課後 量・質充実へ 厚生施設計画見直し

社会

掲載号:2017年5月18日号

  • LINE
  • hatena

 市はこのほど、市内の児童クラブやこどもセンター、児童館の整備および管理運営の方針を定める「さがみはら児童厚生施設計画」の見直しを実施し、2019年までの3年間における具体的な計画案を発表した。

 新計画では、近年の女性の社会進出などにより共働き家庭が増加していることを受け、児童クラブの待機児童対策を重点課題の一つに列挙。小学校の空き教室や学校周辺の公共施設の活用を推進するほか、民間児童クラブの運営費に対する補助金を昨年より増額。多様な事業者の参入と安定的な運営を支援し、需要の高い小学3年生までの待機児童ゼロをめざす。加えて、昨年の待機児童は236人で一昨年から減少しているものの、児童福祉法の改正により、児童クラブの対象年齢が現行の小学3年生から6年生までに拡大したことから、受入れ可能な地域の検討や人材、場所の確保が急務となっている。

子育て支援拠点に

 施設の確保と併せて、多様化するニーズに対応したサービスの提供にも着手。小学生だけでなく、子育て世帯や中高生の居場所づくりにも注力する。中でも、概ね0から3歳の児童とその保護者を対象に子育ての悩み相談や講習会を無料で実施する「子育て広場」を、子どもセンター全24施設(現在は17施設)に拡充。各施設でばらつきのあった開催回数と時間を週3回以上、1回3時間に統一するほか、児童館での実施も検討していくという。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

手作りマスク 応募して

相模原法人会女性部会

手作りマスク 応募して 社会

4月末まで コンテスト開催

4月15日号

SC、栃木戦は引き分け

サッカーJ2

SC、栃木戦は引き分け スポーツ

順位を上げる

4月15日号

国体の入賞を報告

相模原SSC

国体の入賞を報告 スポーツ

銀河アリーナ存続訴えも

4月15日号

二本松に16日開店

オートミール専門店

二本松に16日開店 社会

4月15日号

「地域愛」育む絵本を制作

相模原青年会議所

「地域愛」育む絵本を制作 文化

市民桜まつりでも披露

4月15日号

「のぼり旗」作れます

「のぼり旗」作れます 経済

デザインから印刷まで一括

4月15日号

日本初のオートミール専門店

4月オープン!日本の主食に新たな選択肢を!

https://www.facebook.com/js.oatmeals

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter