さがみはら緑区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

「スケボーのすそ野、広げたい」 小山公園の大会、10回目に

スポーツ

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena

 毎年春に、小山(おやま)公園ニュースポーツ広場(中央区小山)で行われているスケートボード(スケボー)コンテスト「OYAMA CUP」が、節目の10回目を迎えた。5月14日に行われた大会では、市内外から延べ100人近いスケーターが参加し、その技を競い合った。

 大会当日は観客と出場者合わせておよそ400人が集まり、会場を熱気に包んだ。競うクラスはビギナー(初心者)からエキスパート(上級者)までの4つ。審査はプロスケーターや関連企業の社長ら3人が、技の難易度や完成度、プレースタイルなどを基に判断する。ポイントはシンプル。「かっこいいかどうか」だ。「うまい人が集う、刺激的な大会を目指してきた。今ではここで勝つことがステータスになっていると感じる」と主催した相模原スケートボード協会(SSA)代表の内田耕平さん(41)は話す。今回エキスパートクラスでは、市内在住の川満荘平さんが1位に輝いた。

 主催者のSSAは、2005年に供用開始された同広場の設置に関わった若者らが中心となり誕生した任意団体。広場周辺の美化活動やボランティアでのスケボー教室などを行う中で「日本一の草大会を」という機運が高まり、2008年に同大会を初開催。以降、毎年一度行ってきた。「当初は選手と観客含めて150人くらいだったと思う」(内田さん)という大会規模も、回を重ねるうちに協賛企業・団体が増え、拡大。スケーター同士の繋がりも手伝い、市内だけでなく東海や九州地方といった遠方からも人が集まるようになった。「草大会だが、規模としてはAJSA(一般社団法人日本スケートボード協会。毎年多くのプロ・アマの大会を開催)の大会に劣らないものになっている」と内田さんは話す。

選手育つ土壌ある

 2020年の東京オリンピック正式種目となり、注目が集まるスケボー。同広場には、全国でも数少ないというスケボー、インラインスケート、BMX(競技用自転車)などの練習コースがあり、幼少期からこの場所でプレーし現在、日本の強化選手として将来を期待されている若者も育っている。「五輪を目指す人は多いし、実際にそれを狙える子もいる。市には施設のさらなる充実に目を向けて欲しい」。五輪種目として注目されることでスケボーのすそ野が広がり、文化が底上げされることが内田さんの願いだ。一方では、競技として注目が集まるスケボーに対し、「元々はストリート・カルチャーだという、ルーツもちゃんと知ってもらいたい」と願いを込めた。

 同大会の今後に関しては、「ゆくゆくはダンスコンテストや盆踊り、地元商店の屋台などを交えたおまつりにしていけたら」とその展望を語った。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

5位入賞 「地元に恩返しを」

五輪飛び込み坂井丞選手

5位入賞 「地元に恩返しを」 スポーツ

競技生活は「一区切り」

10月28日号

トイレ改修に個人が寄付

峯の薬師

トイレ改修に個人が寄付 社会

「観光活用に役立てて」

10月28日号

藤島さん、新人戦で優勝

津久井高校ボート部

藤島さん、新人戦で優勝 スポーツ

夢の途中 目標「競輪選手」

10月21日号

相模原の観光 「経営視点で」

相模原の観光 「経営視点で」 経済

協会、5か年計画策定へ

10月21日号

「服を世界の難民に」

市  立青和学園

「服を世界の難民に」 社会

児童たちが寄付呼びかけ

10月14日号

自民立民 一騎打ちの様相

衆院選 神奈川14区・16区

自民立民 一騎打ちの様相 政治

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook