さがみはら緑区版 掲載号:2017年7月6日号 エリアトップへ

相模湖ダム祭 70周年を記念し盛大に 「役割、歴史を知る機会に」

社会

掲載号:2017年7月6日号

  • LINE
  • hatena
昨年も多くの家族連れが相模ダムの見学に参加した(上)、上空から撮影した相模ダムの写真(下)
昨年も多くの家族連れが相模ダムの見学に参加した(上)、上空から撮影した相模ダムの写真(下)

 日本最初の多目的ダムとして知られる「相模ダム」(与瀬)。建設から70周年を記念した「相模湖ダム祭」が7月17日(月・祝)、午前9時30分から午後4時まで、相模湖交流センター、相模湖公園、相模ダム、相模発電所を会場に開催される。主催は相模湖ダム祭実行委員会(鈴木克枝実行委員長)。

 1947年6月に竣工した相模ダムは、神奈川県が全国に先駆けて行った広域的な水源開発事業。重力式コンクリートダムで、堤高58・4m。総貯水容量は6320万㎥。戦後から今に至るまで、京浜工業地帯の発展や人口増加に対応する電力、上水道用水・工業用水の供給に寄与してきた。

 ダム祭りは、相模湖地区のシンボルとしての湖・ダムの重要性を認識し、森と湖に親しむことによって心身をリフレッシュしてもらい、相模湖の誕生、役割を理解してもらうことを目的に開催されるもの。24回目を迎える。

 竣工70年の節目となる今回は、規模を大幅に拡大して実施。各飲食店・射的・遊技場、ボートや相模ダム・相模発電所の見学、遊覧船での湖上学習、魚とふれあう生態学習など毎年好評の既存イベントに加え、相模湖交流センターでは70周年を記念したジャズコンサートと講演会を開催。その他にも、各イベントへの参加や店舗を利用することによりもらえるスタンプラリーを実施、70周年の記念カード(今年末まで相模ダム管理所と相模湖交流センターで配布予定)も配布される。同実行委員会は「相模ダムは地域の大きな観光資源です。今年は楽しいイベントが目白押しなので、来場いただき、相模ダムの役割や歴史を感じて頂きたい」と話した。

 問い合わせは、県企業庁企業局利水電気部利水課【電話】045・210・7235。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

相模原をドローンの町に

相模原をドローンの町に 社会

中央区横山に新拠点誕生

10月22日号

官民で防災意識が向上

台風19号から1年

官民で防災意識が向上 社会

寄付、復旧活動に積極性

10月22日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

小編成の部で初全国へ

橋本高校吹奏楽部

小編成の部で初全国へ 教育

オンライン練で結束強め

10月15日号

学校祭をオンライン中継

中野中学校

学校祭をオンライン中継 教育

生徒の願い受け「感動共有」

10月8日号

J2ライセンスを取得

SC相模原

J2ライセンスを取得 スポーツ

今季2位以上で昇格

10月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク