さがみはら緑区版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

SC、元代表稲本を獲得 昇格の起爆剤に期待

スポーツ

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena
トップチームの練習初日に参加した稲本選手=28日、横山公園
トップチームの練習初日に参加した稲本選手=28日、横山公園

 地元サッカークラブ・SC相模原は23日、元日本代表MFの稲本潤一選手がJ1・北海道コンサドーレ札幌から完全移籍したことを公式HPで発表した。A代表や海外での経験豊富な稲本選手の加入は、J2ライセンスの取得と昇格をめざすSCにとって起爆剤となりそうだ。

 稲本選手は鹿児島県出身の39歳。1997年にガンバ大阪でJリーグデビューを果たし、2001年にはイングランドプレミアリーグの強豪アーセナルへ。その後もドイツなど海外でプレーし、10年には川崎フロンターレでJリーグに復帰した。日本代表には00年から10年まで選出され、ワールドカップ(W杯)には3度出場。02年の日韓開催では日本史上初のW杯勝利に貢献するなど、一躍時の人となった。

 札幌には4年間所属。昨季は出場機会に恵まれず出場試合数は2試合に留まり、昨季限りで契約満了が決まっていた。自身は現役続行を宣言する中、かつて日本代表として共に戦った望月重良会長からオファーが舞い込んだ。稲本選手は望月会長から「力を貸してほしい」と声を掛けられたといい、「求められるところでプレーできることが一番の喜び。カテゴリーは関係なくやるつもりだった」と移籍を決心した。

 J2ライセンス取得と昇格をめざすSCでは、経験豊富なベテランのピッチ内外での活躍が求められる。稲本選手自身もその役目について本紙取材に対し、「チームの勝利がライセンス取得への一番の近道。チームが勝ち、街も盛り上がるという循環をつくっていきたい」と話した。その上で、J3でのプレーは自身にとってもチャレンジだとし、「初めての経験でどうなるか想像できない部分もあるが、自分の経験や知識を生かして、チームの勝利に貢献していきたい」と意気込みを見せている。

 稲本選手はチームの始動日となった28日から練習に参加。早ければ3月10日(日)に行われるホーム相模原ギオンスタジアムでの開幕戦に出場する。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

J2残留が目標

6月10日号

広がる「SDGs」の輪

相模原市

広がる「SDGs」の輪 社会

パートナーは279者に

6月10日号

レガシー創出への第一歩

ツアー・オブ・ジャパン

レガシー創出への第一歩 スポーツ

観戦自粛もトップが熱戦

6月3日号

ラポール千寿閣が閉館

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で業績悪化

6月3日号

「景観形成重点地区」に指定

市役所前さくら通り

「景観形成重点地区」に指定 社会

来街者が集う憩いの場へ

5月27日号

若手の発想で課題解決

相模原市

若手の発想で課題解決 社会

中山間地域の可能性模索

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter