さがみはら緑区版 掲載号:2019年7月4日号 エリアトップへ

相模女子大生が梅酒造り 地元の久保田酒造と連携

社会

掲載号:2019年7月4日号

  • LINE
  • hatena
久保田酒造(株)で指導を受けながら、有志の学生が梅酒の仕込みに従事した =6月7日
久保田酒造(株)で指導を受けながら、有志の学生が梅酒の仕込みに従事した =6月7日

 南区文京にある相模女子大学・相模女子大学短期大学部の学生と、根小屋の蔵元「久保田酒造(株)」が協働して行う梅酒造りが、9月の販売に向けて進められている。今年からは相模原市観光協会も加わり、市の新たな名産品とするべく、地域で連携した活動となっている。

 同大と同酒造は、大学構内にある卒業記念植樹の梅の木から収穫した実を使用したオリジナル梅酒「翠想(すいそう)」の製造を、2015年から産学連携活動として行っている。今年も多くの学生が収穫と仕込みに参加した。

 同大学によれば、構内に植えられた約100本の梅の木は、今から30〜40年ほど前に当時の卒業生が植樹したもの。実をつける時期には有志の学生が参加し、梅の収穫を行っている。今年は6月5日に実施され、約60kgの梅の実が収穫された。

 収穫された梅の実は7日に蔵元に運ばれ、学生を中心に仕込み作業が行われた。綺麗に洗われた梅の実は、同酒造の「相模灘純米吟醸」と砂糖に漬け込まれ、3カ月間じっくりと寝かされる。

ラベルも学生が考案

 ラベルのデザインも、同大の生活デザイン学科の学生が担当。毎年40作品ほどが寄せられ、その中から選ばれた作品が瓶を鮮やかに彩っている。

 また、「翠想」は同大学の風間誠史学長が名付け親。卒業植樹の梅の木から収穫した実を使用していることから、同大学の同窓会「翠葉会」の一文字を取り、「卒業生の想いがつまった梅酒」との意味が込められているという。9月6日に瓶詰め作業が行われ、手作業でラベルを貼っていく。

 今年から地域連携活動として、相模原市観光協会も参加。完成した「翠想」は9月に、相模大野の商業施設・ボーノ相模大野2階にある同協会運営のアンテナショップ「sagamix」で販売される見通し。販売価格は税込2160円、本数は300本弱となる予定。同協会は「新たな相模原の名産に」と期待する。

 問合せは同協会【電話】042・771・3767へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

「残したい、伝統の例大祭」

小田原屋

「残したい、伝統の例大祭」 文化

橋本の鎮守 回顧写真展

7月18日号

三菱重工 市内初のTL戦

三菱重工 市内初のTL戦 スポーツ

ギオンスで「相武ダービー」

7月18日号

"共生社会へ"アリオ訪問

黒岩県知事

"共生社会へ"アリオ訪問 社会

「障がい理解研修」を視察

7月11日号

11日に2回目の着陸へ

はやぶさ2

11日に2回目の着陸へ 社会

サンプル採取大詰め

7月4日号

出場増で民間に業務委託

市消防

出場増で民間に業務委託 社会

労務軽減し救急に注力

6月27日号

区内出身、鮎川さんが優勝

HBA創作カクテルコンペ

区内出身、鮎川さんが優勝 文化

作品賞との2冠は大会初

6月27日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク