さがみはら緑区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

津久井消防署 移転へ向け設計に3千万 新建物は倍の広さに

社会

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena
1969年に建てられた現在の津久井消防署
1969年に建てられた現在の津久井消防署

 さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト向かい付近への移転が決まっている津久井消防署について市は、9月補正予算案で関連する整備事業に2975万5000円を計上した。市消防局は「今回、予算が計上されたことで、早期移転に向け準備が進むことを期待する」と話す。

 旧津久井・相模湖・藤野の3町を管轄区域とする津久井消防署(寸沢嵐574の2)。現在の建物は、1969年9月に建設された。鉄筋3階建て、延べ床面積937平方メートルで、消防車が9台、救急車2台が配置されている。完成から半世紀近くが経ち、老朽化や狭あい化が問題となっていた。加えて、国道412号沿いのカーブの途中に位置するため、見通しが悪く、緊急災害対応時の出動時には苦慮するケースも増えていた。

 そうした中、市は2013年度に寸沢嵐3455の1に、消防署の移転を決定した。市消防局は「移転先は管内のほぼ中央で、広いエリア内を出動する際に適した立地となる」と話す。

 移転計画では、新署は敷地面積3169平方メートル、延べ床面積は約2200平方メートルと、現在の倍以上となる見込み。建物は鉄筋3階建て、もしくは4階建てを想定し、管内で災害や緊急出動が増加傾向にある中、消防車や救急車を現在の台数以上に増やしても対応できる広さを確保し、新たに個室の仮眠室も設置される。移転後、現在の消防署をどうするかは未定で、今後検討していく予定となっている。

 以前里山や畑だった移転予定地は、2016年度に造成工事を完成して、現在は更地の状態。その後、津久井消防署では17・18年度に、新消防署の設計について、消防署員の意見を反映させるため、署内で議論を進めてきた。同署は「予算が通れば、新消防署の基本設計に充てられ、今後の見通しが見えてくる。着工や完成など今後の進捗状況が、20年度に策定を予定する『相模原次期総合計画』に盛り込まれ、早期に移転できることを期待する」と話した。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

世界的名将、施設に太鼓判

世界的名将、施設に太鼓判 スポーツ

市の五輪キャンプ地視察

11月14日号

「地域に感謝」の70年

相原小学校

「地域に感謝」の70年 教育

卒業生も演奏で節目祝う

11月14日号

映画と食で障害を考える

日連で イベント

映画と食で障害を考える 社会

福祉に携わる有志が企画

11月7日号

市とJAXAが連携協定

ホーム最終節 勝利飾れず

ノジマステラ神奈川相模原

ホーム最終節 勝利飾れず スポーツ

サポーターに支援を感謝

10月31日号

区内イベントにも影響

台風19号

区内イベントにも影響 社会

旧3町の祭りは中止に

10月31日号

功績、青野原に今も残る

伊勢丹元会長小菅千代市氏

功績、青野原に今も残る 社会

公民館建設に多大な寄付

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク