さがみはら緑区版 掲載号:2020年12月17日号 エリアトップへ

スポーツ推進委員功労 伊藤さん(橋本在住)が表彰 25年間の活動称え

社会

掲載号:2020年12月17日号

  • LINE
  • hatena
スポーツ推進委員功労者表彰を受けた伊藤さん(冊子は同委員の50年の歩みをまとめた記念誌)
スポーツ推進委員功労者表彰を受けた伊藤さん(冊子は同委員の50年の歩みをまとめた記念誌)

 橋本在住の伊藤孝久さん(69)が、スポーツ振興に顕著な功績を残したとして文部科学省から「スポーツ推進委員功労者表彰」を受けた。伊藤さんは「25年間の活動が評価されて光栄。昔から体を動かすことが好きで、委員の活動も楽しみながらやれた」と喜びを語った。

 スポーツ推進委員とは、全国の市町村においてスポーツ振興や普及のために住民に対して実技の指導や大会・イベントの準備などを行う行政から委託を受けた非常勤職員。1957年の開始時は「体育指導員」と呼ばれていたが、2011年から「スポーツ推進委員」に名称が変更。市内では約250人が地区ごとに活動している。

 同表彰は、スポーツ推進委員の中で長年の功績が顕著な人を文部科学省が表彰するもの。今年は全国で84人、県内からは8人が表彰され、市内では伊藤さんが唯一の受賞者となった。

 伊藤さんは、1993年度から2018年度に退任するまで25年間にわたって同委員として活動。退任するまでの8年間は、同委員連絡協議会の副会長も務めた。心掛けてきたのは「生涯スポーツ」。シャトルの先端がスポンジボールになっており滞空時間が長い「ファミリーバドミントン」や、やわらかいビーチボールを使用する「ビーチボールバレー」など、老若男女が楽しめるような「ニュースポーツ」の普及活動に尽力してきた。10年前には同委員会の50年の歩みをまとめた記念誌の制作にも力を入れたという。

 伊藤さんは、都内の私立中学校で事務長や教頭を勤めたあと、3年前から橋本公民館の館長に就任。コロナ禍で公民館主催のイベントがなかなか開催できないが、「スポーツの楽しさをもっとみんなに知ってもらいたい。橋本公民館でも誰もが垣根なく親しめるイベントや講習会を開いていければ」と今後の抱負を語った。

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

「はばたく商店街30選」に

橋本商店街協同組合

「はばたく商店街30選」に 社会

アプリ活用が評価 市内初

1月20日号

石澤開選手、日本王者に

中央区出身プロボクサー

石澤開選手、日本王者に スポーツ

ミニマム級 8回TKOで

1月20日号

アプリ活用し街回遊

橋本商店街協同組合

アプリ活用し街回遊 社会

スタンプラリーを初企画

1月13日号

フラッグフットで日本一

ライズジュニア

フラッグフットで日本一 スポーツ

小学生部門 チーム初

1月13日号

3回目 「集団」で前倒し

新型コロナワクチン接種

3回目 「集団」で前倒し 社会

希望者の受付期限を延長

1月6日号

桜まつり、現地開催へ

桜まつり、現地開催へ 社会

感染対策の徹底を重視

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook