さがみはら緑区版 掲載号:2021年12月9日号 エリアトップへ

令和3年度優良PTA文部科学大臣表彰を受けた津久井養護学校PTAの会長を務める 佐藤 聡子さん 小渕在住

掲載号:2021年12月9日号

  • LINE
  • hatena

時代に合わせたPTAを

 ○…敬遠されがちなPTAの役員問題を打開するため、昨年度大幅な規約改正を行った。従来の固定委員会制度を廃止し、行事や議題に合わせ人手を募集する「サポーター制」を導入。子どものケアで長期的な役員は難しいけれど、少しでも協力したいという保護者が手を挙げてくれるようになった。「やりたいと思う人が主体的に動いた方がいい」。保護者のニーズに合わせた運営方法が評価された。

 ◯…知的障害があるが自立生活が送れる生徒もいれば、肢体不自由で毎日の送迎が必要な生徒もいる。保護者の負担も多様だからこそ、PTAの形も変わっていかなければならない。保護者が楽しく活動を続けていくためは「負担感を減らし、ピンポイントで人手を募ること」だと考えた。

 ◯…4歳のときに自閉症と診断された息子は高校3年生。学校が大好きで、毎日楽しそうに通う。「人とのコミュニケーションが難しい子なので、今日何があったのか、毎日の連絡帳がすごく大事」。思春期を迎え心配事は尽きないが、息子のちょっとした変化を話せば一緒に原因を考えてくれる教員たちがいる。「よく見てくれているな」。学校との二人三脚が支えになる。

 ◯…仕事は医療に携わり、日々福祉サービスの地域格差を痛感することも。移動支援事業(ガイドヘルパー)の派遣など、緑区は事業者の少なさからか希望のタイミングで受けられないことも多く、「困っているから助けを求めているのに」と肩を落とす。PTA改革の一環で始めた”みんなのサロン”は、そんな困り事などを保護者間で共有する大切な場。「障害の種類は違えど、少しでも将来の見通しがイメージできたら」。多様な子育てへの環境改善案は尽きない。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

土橋(つちはし) 美穂さん

市みんなのSDGs推進課が啓発用に作ったエコバッグにデザインが採用された

土橋(つちはし) 美穂さん

中野在住 50歳

5月12日号

亦部(またべ) 隆子さん

市民サークル「工作・折り紙おりひめ」の代表として伝統文化の普及に努める

亦部(またべ) 隆子さん

林間在住 70歳

5月5日号

村山 武蔵さん

趣味のドラマ考察やマラソンなどの魅力をユーチューブで発信する

村山 武蔵さん

東京都在住 46歳

5月5日号

宮本 諒子さん

モーニング津久井。のメンバーで相模原市観光親善大使として活動する

宮本 諒子さん

町屋在住 32歳

4月28日号

蛭田 正志さん

このほど第89代津久井警察署長に就任した

蛭田 正志さん

城山在住 59歳

4月21日号

佐藤 治男さん

3月にHPを開設した、さがみはら津久井産材利用拡大協議会の会長を務める

佐藤 治男さん

牧野在住 76歳

4月14日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook