さがみはら緑区版 掲載号:2022年6月9日号 エリアトップへ

市小学生陸上教室 アスリート育成し30年 コロナ禍経て、本格始動

スポーツ

掲載号:2022年6月9日号

  • LINE
  • hatena
小学生を熱心に指導する神藤会長(左)
小学生を熱心に指導する神藤会長(左)

 相模原市陸上競技協会の普及部が、陸上競技の基本技術の習得を目的として開いている「相模原市小学生陸上教室」が今年度、30周年を迎えた。相模原のアスリートを育ててきた同教室はコロナ禍での自粛・制限を経て、コロナ対策を取ったうえで本格的な活動を始めている。

スタジアムで練習

 90年以上の歴史がある市陸上競技協会(神藤(しんどう)昭嘉会長)普及部が主催し、(公財)相模原市スポーツ協会、相模原市教育委員会が共催・後援する同教室。楽しい陸上競技の経験と理解、基礎的な運動能力の向上などを目的として、小学2年生から6年生を対象に陸上競技を教えている。1993年に始まり、今年度30年という節目の年を迎えた。

 神藤会長をはじめ、協会会員や現役の選手、保護者などが短距離走やハードル走、走幅跳といった競技を指導。相模原ギオンスタジアムやギオンフィールドがメインの練習会場になっており、スタジアムを利用して練習できるのが魅力の一つとなっている。

 練習は原則毎週土曜日の午前中に行われている。当初は半年の実施で20回程度の練習日だったが、約13年前から一年を通して行い、年36回ほどの練習日を設けている。

2年間活動制限

 しかし、一昨年から蔓延しだした新型コロナの影響で活動を自粛したり、緊急事態宣言の発出、まん延防止等重点措置が講じられるたびに人数を少なくするなど活動は制限されていた。その影響もあり、一時は250人以上いた児童が現在はおよそ100人にまで減ってしまった。神藤会長によると競技人口の減少や子どもたちに限らず、運動不足による健康被害を危惧しているという。

 そこで、同教室では分散指導など新型コロナ対策を徹底した上で、今年度は通常通りの教室を実施している。神藤会長は「教室を開いてほしいという保護者の声が大きく応えたかった」と話し、陸上に取り組む児童を募集している。

募集要項は陸上教室HPで確認を
募集要項は陸上教室HPで確認を

相模原市から大切なおしらせ

市民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/fukushi/1024533.html

<PR>

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

「かんこ焼」復活へ動き

津久井商工会女性部

「かんこ焼」復活へ動き 文化

郷土の味を次世代へ 

6月30日号

給食から推進、地産地消

相模原市

給食から推進、地産地消 社会

生産・流通事業者らと協定

6月30日号

緑、南の「分割解消」へ

衆議院区割り案

緑、南の「分割解消」へ 政治

神奈川県は定数2増

6月23日号

TOJ(ツアーオブジャパン)で総合優勝

チーム右京

TOJ(ツアーオブジャパン)で総合優勝 スポーツ

「来年は相模原でも1位を」

6月16日号

閉校式 2年越しに開催

青根小・中

閉校式 2年越しに開催 社会

「あの日々は一生忘れない」

6月16日号

アスリート育成し30年

市小学生陸上教室

アスリート育成し30年 スポーツ

コロナ禍経て、本格始動

6月9日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook