町田版 掲載号:2012年3月1日号
  • googleplus
  • LINE

スイスで開催された第40回「ローザンヌ国際バレエコンクール」で優勝した 菅井円加(まどか)さん 和光高等学校2年生 17歳

「世界のダンサー」道開く

 ○…和光高校に通うごく普通の女子高生が一夜にして「時の人」となった。帰国直後の記者会見にはマスコミ約50社に囲まれた。祖父母からぬいぐるみ付きの電報が届き、お祝いメールも120通。高校の友人にも「円加はいつも1位だから今回も優勝すると思った」と祝福を受けた。今はなかなか時間が合わず「今度遊びに行けたら行こうといつも話す。寂しいです」とぽつり。練習に取材に、忙しい日々が続く。

 ○…3歳のときに習い始め、3つ上の姉が発表会で踊る姿に憧れた。最初は母に送迎してもらっていたが、小学2年生からは厚木市の自宅から大和市のバレエ教室に1人で電車に乗り継ぎ通い続けた。始めた頃は週2回だった練習が今では週6回になり、自主練も夜遅くまで行う。和光高校へは中学3年生の担任から「円加ならここが合っている」と言われて決めた。文化祭のステージでダンスを披露し、全校生徒の注目を浴びたこともあったが世界一になるとは「思ってもいなかった。でも信じていた」

 ○…多忙な中、唯一の息抜きはジャンルを問わず見る海外ドラマ。録画をして休日に一気に見る。また美しさを常に意識し、練習後はお風呂でのマッサージを欠かさない。食事も野菜中心で夕方からは何も口にしない。「甘い物も食べたいんですが」と本音がこぼれる。我慢できないときはガムを噛む。「女性の美しい立ち姿に憧れがあって。あとモテたいんですよ切実に」

 ○…好きな言葉は有言実行。世界で活躍するプロダンサーの夢は早ければ今年中に契約を結び未来への扉を開ける。また「感謝の気持ちを町田でも表現したい」という。未来を夢見る子どもたちには「自分の信じる先生を信じ、焦る気持ちを持って人より何倍も努力すれば大丈夫」とエールを送る。「でもこんな普通な私が大それたことを言っていいんですかね」と苦笑。日本で浴びたフラッシュはまだ世界への助走にすぎない。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク