町田版 掲載号:2012年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

第34回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会50m平泳ぎで優勝 奈須田ゆうかさん 下小山田在住 12歳

自分に厳しいスイマー、夢へ

 ○…将来オリンピックを目指す全国のジュニアスイマーにとって、最高峰とも言える全国大会。この大会での優勝は、長年通っている「協栄スイミングクラブ」でも初となる快挙となった。「前日が100m平泳ぎで、少し緊張していた。その分2日目の50mは、自分らしく伸び伸びと泳ぐことができました」。さらに50m予選では、東京都学童新記録をたたき出し、周りを大きく驚かせた。

 ○…水泳を始めたのは幼稚園年中のとき。幼い頃からぜんそくを持っていたため、少しでも良くなればとスイミングクラブに通い始めた。「父の実家が福井で、夏に帰ったときは近くの海で泳いでいた。だからもともと泳ぐことは好きだったのかな」。一般から徐々にコースが上がり、4年生の秋に現在の選手コースへ。もともと群を抜いた泳ぎは、人一倍の努力で磨きがかかっていった。

 ○…小学生時代、放課後はほぼ毎日練習へ。その練習が休みの日曜日も、筋トレなど自主トレは自宅で続けてきた。「もちろん友だちと遊びたいとか色々我慢もあるけど、それ以上に水泳で新しいタイムが出ることが嬉しいです」。コースを一つ上がったタイミングの2004年、アテネオリンピックで金メダルを獲った北島康介選手をテレビで見て、”私もそうなりたい”と改めて確信、課されたキツイ練習メニューもこなすことができた。

 ○…最終的な夢は、「オリンピック出場」。近い目標としてまずは、今年の夏に出場が決まっている全国の中学生が集まる大会で、決勝まで残ることだ。「期待されることは、プレッシャーになるというより嬉しいこと。その分頑張りたい」。9日には中学校の入学式を迎え、この4月から新しい中学生活も始まる。「水泳はもちろん、中学になったら今までより勉強も難しくなるので頑張らなきゃ」。自分に厳しいスイマーは、一歩一歩着実に夢へと近づいている。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク