町田版 掲載号:2012年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

社会福祉法人まちだ育成会・町田市大賀藕絲館の施設長を務める 堀内 麻由己さん 山崎町在住 49歳

花と笑顔で前向きに

 ○…「やろうと思ったことは皆ですぐに行動に移してきた」。職員と共に企画した『ハス祭り』や『紅花祭り』は今年で5回目を迎え、今では『さくら祭り』と共に大賀藕絲館の3大祭りとなった。施設の工賃増加を図り、4年前にはお菓子などを製作する『ハスの実工房』も考案し設立。完成前は1人で施設内の小さなキッチンに何時間も立ち、平日の夜や土日を使い料理教室に通ったという。「ここで働いて何でもチャレンジするようになった」。施設長になり7年目。協力してくれる職員や利用者さん、そして施設運営に欠かせないハスや草花に感謝しきれない。「本当に昔は今と真逆の性格だったんだから」と目を大きくする。

 ○…働くきっかけは14年前。ハーブ教室で知り合った近所の友人から、紅花摘みの作業協力者を募集していることを知った。「当時は福祉施設だとは思っていなかった。お花が好きだから働いてみようと思った」と振り返る。アルバイトとして5年間続けた後、職員に。共に働く利用者の純粋無垢な笑顔や、喜怒哀楽を素直に出す姿を見て「何か肩の荷がおりた」と前向きになったという。

 ○…ガーデニングが大好きで、自宅の庭は過去数回雑誌に掲載されたほど。「理解ある主人のおかげで楽しませて貰っている」とにっこり。小さい頃はお花屋さんになりたいと思っていたが「辛いと聞いてやめようと思った」と微笑む。「最近は仕事が忙しくてなかなかお手入れできないけどね」

 ○…福祉施設として支援の幅を広げるため「変わらなければならない」と力強く話す。「全ての利用者さんが1日働いて楽しかったと思える施設にさらにしていきたい」。障がい者の労働環境の充実を図るのと共に、施設の認知度の向上も目指す。「お祭りなどをきっかけに足を運んで欲しい」。見て貰いたい景色は、都内ではなかなか目にかかれない花や田畑。そして「利用者さんの華やかな笑顔」
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク