神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2012年10月4日 エリアトップへ

「津軽三味線全国大会 in KOBE 2012」に出場する「珠(たま)の音(ね)会」会主 澤田成珠(なるみ)さん 町田市在住 36歳

公開:2012年10月4日

  • LINE
  • hatena

文化響く三味線の音

 ○…「勇魚(いさな)」とは古い日本の言葉で鯨を指す。自身が会主を務める三味線教室「珠(たま)の音(ね)会」が10月7日に開催される「津軽三味線全国大会inKOBE2012」で演奏するのが、じょんがら節をベースに作った合奏曲「勇魚」だ。日本の文化を表すべく名付けたこの曲で、生徒9人と団体の部に出場する。「過程が大事。練習の日々を思いながら良い演奏ができれば」と演奏そのものを大切にする。

 ○…三味線との出会いは亡くなった祖母の遺品を譲り受けた24歳の時。過去に耳にした津軽三味線の哀愁漂う演奏が印象的で、仕事の傍らの「新たな趣味に」と澤田流の門を叩いた。始めてみると師匠は「なぜか私を経験者だと勘違いして初級の曲を飛ばして教えた」。そのため三味線の伝位試験の直前に「習っていない曲がある」と気が付き、慌てて初級の曲を覚えたことも。無我夢中で練習し、追求する内にその音色と奥深さに魅せられ、いつの間にか「三味線が生活の中心になっていた」と振り返る。

 ○…元々音楽を専門的に学んだこともなく「ピアノはバイエルまで」。穏やかな人柄からは想像もつかないが趣味は剣道や居合、武道といった肉体派。そんな活発さからか、三味線の得意楽曲は今回のライブでも演奏する、曲調の激しい「じょんがら節」。おまけに三味線のボディを撥(ばち)で叩く奏法も師匠から男勝りな音と言われる程の力強さで「元々の性格も関係してるかも」と苦笑いして見せる。

 ○…三味線を仕事にしたきっかけは「母の死」。母はピアノや声楽などを教える教室を開いており、そのイキイキとした姿は「仕事が生きる張りになっていた」。そんな母が病気でこの世を去ったとき「人生は限られている。好きなことを仕事にして、長く続けていきたい」と強く思い、今では町田市のほか横浜で5つの教室を開くまでになった。これからもライブや教室を通して「日本の文化として多くの人に伝えたい」。
 

募金箱設置/チケット千円/申込は市民ホール等

①10:30〜「ひとにぎりの塩」②14:30〜「一献の系譜」

https://www.m-shimin-hall.jp/tsurukawa/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

佐藤 康行さん

町田市薬剤師会の会長で、医師らと地域向けの「出張勉強会」を開いている

佐藤 康行さん

小山町在住 65歳

2月15日

渡邊 美海さん

町田市が進めるゲートキーパー啓発ポスターに自身のデザインが採用された

渡邊 美海さん

町田デザイン&建築専門学校1年

2月8日

鈴木 直也さん

3月に開催される音楽イベントの実行委員長を務める

鈴木 直也さん

南町田在住 19歳

2月1日

横山 ひかりさん

チアダンスの世界大会に2月、出場する

横山 ひかりさん

町田市在住 17歳

1月25日

片桐 幸宏さん

母校の桜美林高校・野球部を甲子園へと導いてきた、3月に教員を退職する

片桐 幸宏さん

根岸在住 65歳

1月18日

小山 正樹さん

町田青年会議所(JC)の理事長に1日、就任した

小山 正樹さん

相模原市在住 38歳

1月11日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

その人らしい暮らしを提供する

270か所余の「介護事業所」を運営

https://jala.co.jp/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook