町田版 掲載号:2012年10月4日号
  • googleplus
  • LINE

「津軽三味線全国大会 in KOBE 2012」に出場する「珠(たま)の音(ね)会」会主 澤田成珠(なるみ)さん 町田市在住 36歳

文化響く三味線の音

 ○…「勇魚(いさな)」とは古い日本の言葉で鯨を指す。自身が会主を務める三味線教室「珠(たま)の音(ね)会」が10月7日に開催される「津軽三味線全国大会inKOBE2012」で演奏するのが、じょんがら節をベースに作った合奏曲「勇魚」だ。日本の文化を表すべく名付けたこの曲で、生徒9人と団体の部に出場する。「過程が大事。練習の日々を思いながら良い演奏ができれば」と演奏そのものを大切にする。

 ○…三味線との出会いは亡くなった祖母の遺品を譲り受けた24歳の時。過去に耳にした津軽三味線の哀愁漂う演奏が印象的で、仕事の傍らの「新たな趣味に」と澤田流の門を叩いた。始めてみると師匠は「なぜか私を経験者だと勘違いして初級の曲を飛ばして教えた」。そのため三味線の伝位試験の直前に「習っていない曲がある」と気が付き、慌てて初級の曲を覚えたことも。無我夢中で練習し、追求する内にその音色と奥深さに魅せられ、いつの間にか「三味線が生活の中心になっていた」と振り返る。

 ○…元々音楽を専門的に学んだこともなく「ピアノはバイエルまで」。穏やかな人柄からは想像もつかないが趣味は剣道や居合、武道といった肉体派。そんな活発さからか、三味線の得意楽曲は今回のライブでも演奏する、曲調の激しい「じょんがら節」。おまけに三味線のボディを撥(ばち)で叩く奏法も師匠から男勝りな音と言われる程の力強さで「元々の性格も関係してるかも」と苦笑いして見せる。

 ○…三味線を仕事にしたきっかけは「母の死」。母はピアノや声楽などを教える教室を開いており、そのイキイキとした姿は「仕事が生きる張りになっていた」。そんな母が病気でこの世を去ったとき「人生は限られている。好きなことを仕事にして、長く続けていきたい」と強く思い、今では町田市のほか横浜で5つの教室を開くまでになった。これからもライブや教室を通して「日本の文化として多くの人に伝えたい」。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク