町田版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

3/4に和光大学ポプリホール鶴川でピアノリサイタルを行う 高橋 里奈さん ベルリン在住 23歳

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena

音楽を追及し自己を表現

 ○…「聴いてくれる皆さんに、ヨーロッパの情景を感じてもらえれば」。日本でのソロリサイタルを初めて行う。そして「日本とヨーロッパの架け橋になれれば」と音楽を通して互いの文化、歴史、習慣をつなぐ。ドイツ・ベルリンで練習の日々を過ごして5年目。「ドイツの人たちの性格は、日本人に近いけど、よりまじめで几帳面なのは日本人。そして日本人の方が何事にも一生懸命かな」

 ○…ピアノを始めたのは5歳のとき。声楽を習っていた母親に影響。「おかあさんが一日中、歌っていたから、いつも音楽がそばにあった」と振り返る。「この世界で生きていく」と決意したのは小学生低学年の時。水泳やバレエ、英語など様ざまなジャンルの習い事をしたが、「ピアノ」だけは特別だった。「いろいろやってみたけど、やりがいがあって、一番楽しかったのがピアノだった」。高校を卒業し、クラシック音楽の本場ドイツ・ベルリンへと羽ばたいた。

 ○…「弾くか、食べるか、寝るかのどれかですね」とベルリンでの生活を話す。自宅での演奏は法律で厳しく制限されているため、数時間ほどしか時間が取れない。あとは学校の練習室。ただし、練習室を確保するために何時間も並んで、やっと練習することができる。「ピアニストって孤独なんですよ」とポツリ。練習も、リサイタルも1人で行うことが多い。「だんだん人との関わりが少なくなってきたかな」と笑う。

 ○…気分転換は早朝の散歩。座っていることが多い分、身体全体を動かしながら、綺麗な街並みを見ながらも練習プランなどを考える。日本へは長期休みを利用し年に2度ほど帰国する。帰るたびに驚くのは「コンビニの品ぞろえ。新商品も多いし」と笑顔が弾ける。「ドイツを選んだのは、学びたいことがヨーロッパの音楽だから」。今後は作曲者の心を守りながら、自分の音を表現することに挑む。音楽の楽しさを感じながら。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

宮澤 雅文さん

町田市民文学館の「のりものえほん展」にあるジオラマを製作した

宮澤 雅文さん

相模原市在住 61歳

9月16日号

鈴木 忠さん

第11代町田市社会福祉協議会会長に就任した

鈴木 忠さん

鶴間在住 76歳

9月9日号

渡辺 縁(ゆかり)さん

「真之山ふるさとの森を守る会」の代表を務める

渡辺 縁(ゆかり)さん

本町田在住

9月2日号

ホースボーン由美さん(本名 竹川 由美)

初となるアガサ・クリスティの法廷劇に一人芝居で挑む

ホースボーン由美さん(本名 竹川 由美)

能ケ谷在住 

8月19日号

バンバン ルディアントさん

和光大学教授でインドネシアを広める活動に力を入れる

バンバン ルディアントさん

川崎市在住 54歳 

8月12日号

高橋 豊さん

(一財)町田市文化・国際交流財団の理事長に就任した

高橋 豊さん

木曽西在住 66歳 

8月5日号

あっとほーむデスク

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月19日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook