町田版 掲載号:2014年7月10日号 エリアトップへ

町田リス園の新園長に就任した 樋口 健治さん 67歳

掲載号:2014年7月10日号

  • LINE
  • hatena

動物と人”繋がる”場所へ

 ○…昨年25周年を迎えたリス園に新しいリーダーがやってきた。会社員、米国生活、庭師、経営者―。そのキャリアを活かせればと、同園から依頼を受けた。「今までみんなが作り上げたものを基盤に新しい風を取り入れていけたら。まずは1年間。少しでもいい園に進化させていきたい」と意気込みを語る。21人の生産者と10人の職員とともに新しいリス園の未来への幕開けとなった。

 ○…動物好きは昔から。なかでもニホンイシガメ(絶滅危惧種)は友人を集め「カメカメ会」を結成、繁殖など保護活動にも取り組むほど。「小動物は声を出さないでしょ。でも懸命に生きている。かわいいよね」と柔らかい眼差しで語る。2時間かかる園への通勤も苦にならない。「ココが本当に好きになった。みんな明るくて真っ直ぐだよ」といい「カメもいたしね」と冗談交じりに付け足す。

 ○…大学卒業後は外資系企業に務めるが、日本での生活にどこか閉塞感を感じ25歳で渡米、以降10年間サンフランシスコで庭師として働く。”広い世界”を見た後に帰国、日本でブライダル会社を起業することに。「当時はまだレストランウェディングは少なかった。チャンスだと思って」。会社は間もなくバブルの波にも乗り大成功。順調に大きくなるが、バブル崩壊とともに徐々に景気が悪化。経営者のポストを後任に任せることに。「一時は『どん底』みたいな時もあったね」と振り返る。そこから這い上がることができたのは周りの人のおかげで、もらった言葉は自身のモットーになった。「全く打つ手がない困難な時こそ”諦めない”という一手がある」

 ○動物を通して人と人が繋がれる場所―。リス園の魅力をそう語り、もっと多くの人に知って欲しいという。得意の英語力を活かし6年後のオリンピックを見すえて外国人観光客へのアピールも計画中。常に明るい笑顔の「園長さん」の挑戦が始まった。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

園田 恵一さん

自然教室を開く「まちだネイチャーゲームの会」の代表を務める

園田 恵一さん

小川在住 60歳 

10月22日号

黒岩 まゆさん

町田パリオで開かれる「パリコレッ!芸術祭2020」に参加する現代美術家の

黒岩 まゆさん

相模原市在住 36歳

10月15日号

石橋 佑一郎さん

町田シバヒロのイベントで木版画のワークショップを行う

石橋 佑一郎さん

小山町在住 34歳

10月8日号

紙谷 正人さん

アメリカ発祥のラケットスポーツ「ピックルボール」の普及に努める

紙谷 正人さん

横浜市在住 41歳 

10月1日号

東田 修一さん

警視庁町田警察署長に就任した

東田 修一さん

警視正 56歳

9月24日号

渡辺 有一さん

町田市民文学館で9月29日から絵本の原画を展示する

渡辺 有一さん

市内在住 77歳

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

町田の民権家を知る機会

町田の民権家を知る機会

自由民権資料館

10月24日~3月28日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク